猫の甲状腺機能亢進症の原因や症状、治療やかかる費用は?

猫の甲状腺機能亢進症の原因は?

 

猫の甲状腺機能亢進症は
甲状腺ホルモンの過剰分泌
によって起こる病気です。

 

特に10歳以上をすぎた猫に
起こることが多いです。

 

原因としては、
甲状腺の過形成甲状腺の腫瘍など
が挙げられます。

 

人間の「バセドー病」も、
この甲状腺ホルモンが異常に活発
になって、引き起こされる病気の
一つです。

スポンサーリンク


甲状腺機能亢進症の症状は?

・多飲多尿

・食欲亢進

・下痢、嘔吐

・落ち着きがなくなる

・攻撃的になる

・脱毛、毛艶が悪くなる

・呼吸困難、呼吸が早くなる

などの症状が見られます。

猫の甲状腺機能亢進症!末期の症状や寿命、最期は?

 

そして病状が進行してくると、逆に
食欲や元気がなくなってきます。

 

大きくなった甲状腺(首の上の方)
が外から
触っても分かるように
なることもあります。

<診断と治療は?>

 

診断としては基本的には、
血液検査で甲状腺ホルモンの値
を測るのですが、その他、
レントゲン心電図超音波など
全身の状態や合併症がないか
などのチェックをします。

 

甲状腺機能亢進症は、
心臓や肝臓、腎臓の疾患に
似ているので、きちんとした
検査で確定診断をしないといけません。

 

<治療法は3種類>

 

*専用療法食
*内科的治療
外科的治療

があります。

 

以前は内科的な飲み薬の治療が
一般的でしたが、現在は、
専用の療法食でコントロールできる
ようになりました。

 

甲状腺ホルモンの主成分である
ヨウ素を制限して
あるキャットフードです。

 

過剰な甲状腺ホルモンの産生・放出
を抑える一方で、
最低限の必要量
は維持できるようなっているので

副作用の心配も少なく、長期的
にも安心して食べれます。

猫の甲状腺機能亢進症の療法食!ヨウ素制限の効果と価格など!

 

お薬をイヤがる猫さんたちには
うれしいですよね。

 

ただ、他のキャットフードは一切禁止となります。

もちろんオヤツもダメです。

他のキャットフードの多くには
ヨウ素が含まれていますので。

 

ちゃんとした、食事管理が
できないと療法食での
治療は
失敗となってしまいます。

 

多頭飼育などの場合は難しいかも
しれないですね。

 

どうしても他のネコさんのご飯
食べちゃったりしますしね。。

 

食事のときは完全に部屋を分ける
とか、対策ができればいいのですが。

 

いずれにしろ、食事管理ができない
と飲み薬を
飲まないといけなく
なってしまいます。

 

内科的治療の場合は、
抗甲状腺薬のお薬でホルモンの量
を調節していきます。

 

その猫さんの状態によって、
お薬の必要量も違うので少量から
スタートして、2~3週間後に
検査をして数値を測って・・

 

という感じで数回にわたり、
検査とお薬の調整をして最適な量を
決めていくことになります。

猫の甲状腺機能亢進症の治療薬メルカゾールの費用や副作用は?

 

また、甲状腺の腫瘍(がん)など
の場合は、手術で
取り除く外科的
治療が必要になります。

スポンサー リンク


<甲状腺機能亢進症の治療費は?>

 

食事管理ができれば検査代と
療法食代だけですみます!

 

初診料(再診・診察料)
500円~3.000円

 

血液検査(ホルモン、その他)
8.000円~12.000円

 

レントゲン(状況に応じて)
3.000円~5.000円

 

超音波や心電図(状況に応じて)
2.000円~6.000円

 

療法食(ヒルズy/d)2kg
3.500円程度
*y/dには缶詰もあります。

 

お薬(食事管理ができない場合)
1.000円~1.500円(一週間分)

 

手術の場合(手術・麻酔・入院など)
100.000円前後

猫の甲状腺機能亢進症!完治のための手術の選択とその費用は?

 

ネコさんにも飼い主さんにも
一番負担がかからないのは
療法食による治療ですね!

 

どうか食べてくれますように・・

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です