猫の寄生虫(回虫,鉤虫,条虫など)種類や症状,お薬や治療費は?

猫の寄生虫の種類は?

 

猫につく寄生虫は、

・お腹の中(腸内)に寄生するもの

・皮膚に寄生するもの

に分けられます。

 

お腹の中に寄生する主なものは
・猫回虫・猫鉤虫・瓜実条虫
・猫条虫・コクシジウム・トキソプラズマ

などが挙げられます。

スポンサーリンク


 *猫回虫(ねこかいちゅう)

 

3cm~10cmほどの白い細長い虫です。

猫の腸に寄生して、炭水化物や
タンパク質を栄養源にします。

 

<感染経路>

虫の卵が猫の口から入ることで感染します。

子猫の場合は母猫からの胎盤感染が多いです。

また、ネズミや小鳥などを
食べることで感染することもあります。

 

<症状>

下痢や嘔吐。
特に子猫の場合は食欲不振や
お腹がはるなど、重症化することも。

 

<治療・費用>

駆虫薬で治療できます。
子猫などで下痢や嘔吐などの
症状があればその治療も一緒に行います。

 

駆虫薬の種類にもよりますが、
1.000円~2.000円。
下痢止めや吐き気止め、
800円~1.500円。

猫の寄生虫で人間に感染する種類と、その場合の症状は?

*猫鉤虫(ねここうちゅう)

 

1cmほどの細い白い虫で、
腸の粘膜に噛み付いて血を吸います。

 

<感染経路>

幼虫を口から飲み込んだり、
母猫の胎盤や乳汁から感染する。

 

<症状>

下痢や血便。多
数寄生されると貧血を起こすことも。

 

<治療・費用>

駆虫薬で治療できます。
駆虫薬の種類にもよりますが、
1.000円~2.000円。
下痢止め、800円~1.000円。

スポンサー リンク


*瓜実条虫(うりざねじょうちゅう)

*猫条虫(ねこじょうちゅう)

 

ノミから感染するサナダ虫の仲間です。

腸の粘膜にくっついて、栄養分を吸収します。

節が連なったような形で、
1cmくらいの白い節が
便に
混ざって出てきます。

 

<感染経路>

幼虫を持ったノミなどを飲み込む
ことで感染する。

 

<症状>

症状はあまりありませんが、
お尻の周りに白い虫(節)が
ついていたり、トイレで
ウヨウヨ動いていたりします。

また、この寄生虫に感染する
のは必ずノミが寄生しているので
体を痒がります。

 

<治療・費用>

駆虫薬で治療できます。
同時にノミの駆除もします。
駆虫薬、1.000円~2.000円
ノミの駆除薬、1.500円前後

 

*コクシジウム

 

原虫の仲間で、腸の細胞の中に
入り、細胞を壊しながら増殖します。

 

<感染経路>

感染力を持ったオーシスト
(卵のようなもの)が口から入る
ことで感染します。

 

<症状>

少数の寄生や、体力のある健康
な成猫では、何の症状もないことが
多いですが、子猫や抵抗力の落ちて
いる状態のときは、下痢や血便、
嘔吐、食欲不振など重症化します。

 

<治療・費用>

駆虫薬を10日~2週間ほど
飲ませますが、なかなか駆除
しにくい虫ですので長引くことも。
お薬(体重によって変わりますが)
1.500円~2.500円。

 

その他、サナダ虫の仲間の
「マンソン裂頭条虫」なども

ありますが、今ではほとんど見る
ことのない寄生虫です。
(畑や田んぼ、沼など自然の多い
地域ではマンソンの寄生もあります。)

猫の寄生虫を写真や画像で見る・原因や症状も詳しく解説!

 

駆虫薬は、猫回虫、猫鉤虫、
瓜実条虫、猫条虫をまとめて駆除
できる
ものが今では主流となっています。

 

飲ませるタイプと背中に滴下
するタイプのお薬があります。

 

ホームセンターやネットなどでも
購入できますが、検便をしてから
の投薬
をオススメします。

 

寄生虫は子猫に多い病気です。

そして、子猫は体力も抵抗力も
ないので重症化
しやすいです。

 

子猫がおウチにやってきたら、
早めにウンチを持って
病院に行って検査してもらいましょう。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です