治療費

猫の慢性腎不全(2)検査や診断と病状の進行について!

猫が慢性腎不全と診断されたら?
治療法はあるの?

 

猫の死因のトップに挙げられる
慢性腎不全の
治療とは?

 

ネコさんの異常に気づいて、
受診して慢性腎不全と診断されたら・・

 

残念ながら、慢性腎不全は治りません。

壊れてしまった腎臓細胞を元に
戻すことは
できな
のです。

スポンサーリンク


ただ、早期発見できた場合は、
その分、
残っている(機能している)
腎臓も多い
ということなので、
その残りをイカに長く
もたせる
(進行を遅らせる)か・・

これがその後の寿命を決めるカギと
なります。

 

逆に言うと、中期や末期で
見つかった場合はその分、
残っている腎臓も少ないという
事になりますので、圧倒的に
不利となってしまいます。

 

診断の段階でまだ初期なのか
末期なのか?
によっても変わってきます。

猫の慢性腎不全(1)原因と症状は?食事や予防法はある?

 

慢性腎不全は血液検査ですぐに診断が出ます。

メインとして見るのは2つです。
BUN(血液尿素窒素)
CRE(クレアチニン)

猫の腎不全!CRE(クレアチニン)とBUNの数値で見るステージは?

スポンサーリンク


 

この数値によって、残りの腎臓
の状態
が把握できます。

 

そして状況によっては、
アンモニアやリン、血圧などを
測る場合も。

 

他にも、一般的な体の状態を
知る上で貧血してないか、脱水して
ないかなどの項目も測ります。

 

腎臓の機能の検査としては
上記の2つ+貧血+血圧など
を継続的に
追っていくようになります。

 

その他、レントゲンや超音波で
腎臓の大きさや
腫瘍ができていないか?

などの検査をすることもあります。

 

*若齢(5歳未満)で腎不全を発症
した場合などは、原因を探るため、
詳しく検査をしますが、ほとんど
の場合、原因の特定には至らないこと
も多いです。

若い猫の慢性腎不全!考えられる原因や症状、治療法とは?

 

上記の検査結果を複合した判断で
だいたいの寿命を伝えてくれる
獣医師もいますが、多くの場合、
治療の反応を見てから判断すること
になると思われます。

 

例えば最初の集中治療(入院しての
点滴治療)で良い反応が出れば
その後のケア次第で大幅な延命も
可能です。
(腎不全の進行具合にもよります)

 

逆に、反応が悪い場合は、
進行を遅らせることは厳しい状況
とも言えます。

スポンサーリンク


貧血していると点滴できない?

 

最初の検査でもう末期という状況
もあります。
腎臓の値もそうですが、貧血の
度合いによって積極的な治療が
できない
こともあります。

 

腎臓は増血ホルモンを産生して
いますが、
機能が低下するとその
ホルモンが作られなく
なり貧血が進みます。

 

例えば腎臓の数値(BUN・CRE)
は末期だとしても点滴を開始すれ
ば一旦は下げることは可能な場合
もあります。

 

ホントはここで点滴をガンガン
して、老廃物を出して、数値を
下げたいところですが、貧血が
進んでいるとそれができないのです。

 

貧血の値はHT(ヘマトクリット)
検査で
分かります。

HTの値が低いと言うことは
赤血球・ヘモグロビンが少ない。

要は血液が薄いということです。

 

つまり、この状態で点滴を大量
にするともっと血液が薄くなる
いう状況に陥り、貧血がますます
ひどくなる
ということです。

 

そのような状況もあり、
貧血が進んでいる場合は増血ホルモン
剤などの注射と併用して
状態を
見ながら点滴をほんの少量ずつ

入れていくような治療になります。

 

このような状態だと寿命は
限られてくると思われます。

 

いずれにしろ検査結果が
出ましたら、獣医師より詳しく
説明があると思いますので
落ち着いて聞きましょう。

 

不安なこと・疑問なことは
何でも聞きましょう。

 

治療法としましては、
初期の場合は自宅や通院での
皮下補液、投薬、食事療法など、
末期の場合は、状態によって
入院治療が望ましいです。

 

・腎臓に変わって老廃物を体外に
排出する
ための薬の投与

・老廃物を少しでも多く、
オシッコと一緒に
体外へ排泄させる、
また脱水症状の改善の
ための輸液療法
(点滴or皮下補液)

・腎臓に負担をかけないための
専用の療法食(
低たんぱく・低塩分)

 

その他、ホルモン剤や吐き気止め、
胃薬や降圧剤など、そのネコ
さんの症状に合わせて複合的な治療が行われます。

 

大まかに言うと、

進行を遅らせるための治療
症状を取り除くための治療

 

この2つで、ネコさんの苦痛を
取り除いてあげてなるべく快適に
過ごせるよう、また大幅な延命
できるよう進めていくように
なりますね。

 

慢性腎不全の治療にかかる
大まかな費用については、
次の記事(3)で。

猫の慢性腎不全(3)通院や治療にかかる費用はどれくらい?

スポンサーリンク







関連記事

  1. 猫の皮膚糸状菌症・真菌症の原因と症状、治療や費用は?
  2. 猫の扁平上皮癌!抗がん剤や放射線の治療方法や効果は?
  3. 猫の心筋症!遺伝,先天性に多い猫種と兆候や早期発見の方法!
  4. ペットの最前線がん治療!熱でガンが消滅!?温熱療法とは?
  5. 猫の食欲にムラがある原因や対処法!病気の可能性は?
  6. 猫エイズ(猫免疫不全ウイルス感染症)の症状や治療と予防法!
  7. 猫の腎不全!遺伝によって起こる腎臓病の多発性嚢胞腎とは?
  8. 猫の馬尾症候群の原因や症状,治療法は?進行すると完全麻痺に?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ねこタワー

ペット保険一括見積もり

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP