治療費

猫の皮膚糸状菌症・真菌症の原因と症状、治療や費用は?

猫の皮膚病・皮膚糸状菌症って?

 

猫の皮膚病の一つ・皮膚糸状菌症
についてです。

 

皮膚糸状菌症は
真菌症・白癬・猫カビ
などとも
呼ばれ、治りにくい猫の皮膚病
一つとして挙げられます。

 

その名のとおり皮膚糸状菌と
いう真菌に
感染することにより、
皮膚にさまざまな病変を伴う病気です。

スポンサーリンク


分かりやすく言うと、
人間の水虫と同じです。
人畜共通の感染症の一つです。

猫の病気で人間に移るのは?意外に多い人畜共通感染症とは!

スポンサーリンク


 

真菌に感染する原因は?

 

一番多いのは真菌症に感染した動物
(人も含む)
との接触ですが、その他
環境的にもさまざまな場所に真菌は
常在していると思っていいです。

 

ただ、真菌に感染しても、
発症しないネコ
さんも多く、
特に成猫の場合で発症するのは、
病気
などで、抵抗力が落ちていたり、
もともと免疫力
が弱いなどの場合が
ほとんどです。

 

人間の水虫でも伝染る人と
伝染らない人がいますがそれと同じです。

 

検査としては、まず最初に
病変の皮膚を薄く削って、顕微鏡で
胞子や菌糸を探します。

また同時にアカラスなど他の皮膚病
可能性を潰していきます。

 

皮膚糸状菌の胞子や菌糸が
見つかれば、感染疑い濃厚という
ことで治療を開始することもあり
ますが、確定診断としては、
培養検査をします。


病変の毛を採取し、培養地に
乗せておきます。

 

ただ、培養検査は結果が出るのに
一週間以上
かかるので、検査結果
を待たずに治療を始める獣医師もいます。

 

真菌による皮膚病の状態は割と
特徴的なものも多いので、
それなりに経験のある獣医師で
あれば、まず診断を間違えること
はないと思います。

 

真菌はあっという間に感染部位
が広がるので
早めの治療が大事です。

 

真菌の症状は?
ハゲるの?かゆみは?

 

真菌症の症状で一番見つけやすい
のは脱毛(いわゆるハゲ)です。

 

そしてよく見てみると、
かさぶたになっていたり、
湿疹のようにブツブツに
なって
いたり、赤みが出ていたり
と一見
すると痒そうな症状が出ています。

 

しかし、真菌症は一般的には、
痒みは
あまりないと言われています。

 

ただネコさんの場合は自分で
気にして
患部を舐めてしまって、
炎症をひどくして
しまうことが多いです。

 

真菌症は全身のあらゆるところに
症状が出ます。
そして広がる(悪化)のも
あっという間です。


早期発見・早期治療が大事です。

 

また環境も大事ですので、
掃除などを
こまめにして、
なるべく清潔に保つように
しましょう。

 

っと言ってしまうと、
いかにも家が汚い(不衛生?)と
言われている感じがして
しまうかもですが・・

 

安心してください。
どんなに家が汚かろうと感染
(発症)しない
ネコさんのほう
が多いですから。

 

あくまでも真菌症に感染(発症)
するのは、
そのネコさんなりの
原因(事情)がある
ことがほとんどです。

 

ただ、真菌症は治りにくい、
繰り返すこと
も多い病気
ですので、
せっかく治ってもまた環境下に
真菌がうようよいる状態では、
再感染の可能性が高くなってしまいます。

 

そのようにならないためにも、清潔を
心がけましょう!

スポンサーリンク


猫の皮膚糸状菌症(真菌症)
の治療は?

 

真菌症の治療は、飲み薬・塗り薬
薬用シャンプーを併用
もしくは状態に応じて、飲み薬だけ
とか塗り薬だけ
というふうに
処方される場合も
あります。

 

一般的に塗り薬の処方が多い
ですが、自宅でシャンプーできる
場合などは週イチくらいでシ
ャンプーも併用した方が早く治ります。

 

飲み薬は、皮膚の状態によって
判断が分かれるところですが、
真菌の飲み薬は一般的に副作用が
多いとされています。
(肝臓に負担をかけます)

 

そのため、例えば他に何か病気を
もっていて、体力が落ちている
ようなときや、老齢のネコさんなど
には、飲み薬の併用は控えることが多いです。

 

もちろん、たいした副作用も
なく、大丈夫なこともありますが、
真菌の飲み薬の処方には慎重に
なる獣医師が多いです。

 

とりあえずまだ、2~3ヶ所のハゲ
(病変)であれば、塗り薬だけで
様子をみて、広がってくるよう
なら、飲み薬orシャンプー併用と
いった感じが多いですね。

 

最初から病変が全身に広がって
いるような
時には塗り薬だけでの
治療では難しいですの
で他との
併用が必要となります。

 

また、多頭飼いや同居のネコさんが
いる場合は感染の注意が必要
です。

 

そして人にももちろん感染する
可能性がありますので、
ネコさん
に触れたあとは手洗いなど
気をつけてください。

 

ただ、これもまったく問題なく、
感染
しない人もたくさんいれば、
伝染ってし
まう人もいます

 

免疫力の弱い小さいお子様や、
ご年配の
方はなるべく直接ネコさん
に触れない
ように気をつけて
もらった方がいいです。

 

でもいろんな意味で難しいです
よね・・
なかなかネコさんだけ隔離なんて
できないですしね。

 

もし伝染ってしまったら、
皮膚科に行ってくださいね。

 

飼い猫が真菌症で~と言えば
すぐにお薬出してくれると思います。

薬の中身は動物用も人間用も
同じものですが。

真菌症の治療費は?

 

真菌症の治療費も、治るまでの
期間や使う薬によって変わります。
・初診料(再診・診察料)
500円~3.000円

・皮膚検査
500円~1.000円(顕微鏡)
1.000円~2.000円(培養)

・飲み薬(一週間分)
1.500円~3.000円

・塗り薬(1本・2~3週分)
1.800円~2.500円

・薬用シャンプー(抗真菌薬入)
3.000前後

 

その他、患部を舐めてひどく
してしまう場合などは、
エリザベスカラーで防止するなど
の措置が必要になることも
あります。

 

薬が塗りやすいように患部周辺
の毛を刈ってあげるのも良いですよ。

 

また、長毛種のネコさんなら、
思い切って毛を短く刈って
しまうのもアリだと思います。

 

真菌症は非常に治りが悪い(遅い)
皮膚病
です。
早くても2週間~4週間。

数ヶ月かかることも多いです。

 

*飲み薬は長期に渡って服用させる
ことはないです。

 

また治ったと思っても再発を
繰り返したり
と厄介です。

 

そうなると治療費の負担も長く
続くので大変ですが、根気強く、
付き合っていかなくてはなりません。

スポンサーリンク







関連記事

  1. 猫の緑内障の原因や症状と治療や手術費用は?眼球摘出も?
  2. 猫が雪の中を歩いたり遊んだりしてしもやけになることは?
  3. 猫のリンパ腫など癌にタバコの副流煙が影響!発症率が高まる?
  4. 猫の下痢で点滴や入院治療が必要な場合と費用など!
  5. 猫(ペット)の癌に最前線の放射線治療!効果や副作用,費用は?
  6. 猫の慢性腎不全に伴う貧血の原因や症状、治療法は?
  7. 猫の尿石症の治療!手術が必要な症状とその場合の費用は?
  8. 猫の肝炎・肝硬変の原因や症状と治療!末期には黄疸や腹水も!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ねこタワー

ペット保険一括見積もり

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP