治療費

猫のパルボウイルス感染症の原因や症状,治療にかかる費用は?

猫のパルボウイルスって?

 

猫の病気の中でも致死率の高い
パルボウイルスについてです。

 

パルボウイルスは通称で正式には
猫汎白血球減少症という病名に
なります。

 

文字通り、白血球が減っていって
最悪死に至る
恐ろしい病気です。

 

スポンサードリンク


 

猫のパルボは適切な治療を施しても
特に抵抗力のない子猫などは
助かる可能性は50%あるか
ないかという非常に厳しいものです。



ただ、パルボウィルスは
ワクチンがありますので、
ちゃんとワクチン接種をして
いればかなりの確率で防げます。

 

一般的な猫の予防注射と言われる
3種混合
ワクチンに含まれています。

 

ですので、パルボウイルスに
感染するのは、
ワクチンの接種がまだの子猫や
野良猫、
ワクチン未接種で外出
する猫などの感染
が主となります。

 

また、室内飼いのネコさんも
ワクチン未接種の場合は感染の
危険性、可能性は十分あります。

 

ウイルスはどこから入ってくるか
分かりません。
飼い主さんが靴にくっつけて
外から運んでくる可能性もあるのです。

 

野良猫などが頻繁に家の周りに
いるような
場合は危険です。

 

ですから、完全室内飼いのネコ
さんでも
必ずワクチン接種は
しておきましょう。

 

猫パルボウイルスの感染力は?
消毒は?

 

猫パルボウイルスの感染力は
非常に強いです。

 

ウイルス自体の生存年数も長く、
一年以上、感染性
を保持するとも
言われています。

 

また、消毒薬に対する抵抗力も強く
非常にやっかいなウイルスです。

 

有効な消毒薬として挙げられる
のは塩素系消毒薬です。

俗に言う「ハイター(漂白剤)」ですね。

 

あとは、グルタルアルデヒド系
消毒薬も有効とされています。

 

感染したネコの糞便や、
被毛・またノミなどの媒介物

・食器やゲージなどあらゆるものが
感染経路と
なりうるため、感染を
防ぐこと自体がとても大変な
病気です

 

ペットショップなどでも、
パルボウイルス感染の猫が出た場合
完全隔離はもちろん、ゲージや
食器などすべて徹底的な消毒が行われます。

 

店まるごとと言っても大げさでは
ないくらいの徹底消毒で他への
感染を防ぐ対策が行われます。

 

スタッフなど人間の着ている服や
エプロンなど
も都度着替えて
管理するような体制が取られます。

 

しかし、パルボウイルスだと
分かった時点
ではもう遅く、すでに
他の猫さんに感染している
ことも多
く、子猫の場合などは全滅
という
ケースも珍しくないです。

 

動物病院の場合でも、
パルボウルス疑いの猫さん
が受
診した場合、診察の前段階で
すでに隔離されます。

 

他の患者さん(犬猫)と
接触しないように個室で待機
していてもらう感じです。

 

もしくはそのようなスペース
がない場合、車で待機していて
もらうなどの措置をとります。

 

そしてその飼い主さんが入って
来られた玄関や待合室なども先
に消毒しておきます。

 

そのくらい神経質になる病気です
パルボは。
病院中が塩素臭くなります。

 

もちろんパルボウイルスで
なかったら万々歳ですが、
初期だと排出されるウイルス量が
少ないため検査では陽性反応が
出ない
こともありますのでその後
も要注意
で間をあけて再検査になります。

 

猫パルボウイルスの症状は?

 

パルボウイルスの特徴的な症状と
しては、
激しい嘔吐、下痢(水下痢・血便)
になります。

 

そして、それに伴う、
脱水症状や貧血などもあります。
特に子猫の場合は衰弱が激しい
です。

 

もちろん元気・食欲もなく、動かなくなります

 

水を飲んでも吐いてしまうため、
この場合は無理に食べさせようと
したりはしないで下さい。

 

その他、パルボウイルスにより、
体力が
落ちているので、他の
ウイルス疾患(カリシやヘルペス)
の症状も出ていることが多いです。

 

感染が確認されたら即治療に入ります。

 

また、まだ陽性反応が出ていない
場合でも、かなり疑わしいと判断
されれば、早期治療を開始することもあります。

 

スポンサードリンク


 

猫パルボウイルスの治療は?

 

残念ながらパルボウイルス陽性
出てしまった場合・・
即治療
に入るわけですが

 

ここからがまた大変なんです
(ネコさんも病院も・・)

 

状態にもよりますが、
特に子猫の場合は入院しての
点滴治療が必要
となることが
多いです。

 

パルボウイルスの場合、
食べても飲んでも
下痢や吐いて
しまうので、基本は絶食のまま、

点滴だけで栄養を補うカタチに
なります。

(すでに元気も食欲もまったく
ないのが普通ですが)

 

パルボウイルスをやっつける薬と
いうのは
ありません。

 

点滴とともに、抗ウイルス剤を
メインに、
抗生物質や炎症止め、
吐き気止めや下痢止めなど
の対
症療法で治療していきます。

 

ウイルスに負けないように、
猫の免疫力を
高め、体力を維持する。

 

あとは様子を見るほかないとも言えます。

 

ウイルスに打ち勝てる体力が
あれば、助かる確率はあがりますが
子猫の場合は圧倒的に不利となります。

 

目安として4~5日頑張れれば、
助かったと言えるでしょう。
完全に症状が治まるには
一週間以上はかかりますが。

 

一旦、回復してくればあとは
もう大丈夫です。

日に日に元気になっていきます。

 

残念ながら亡くなってしまう
場合は2~3日以内のことが多いです。

 

早いときは数時間のことも。
怖い病気です。

猫のパルボウイルス
かかる治療費は?

猫パルボウイルスの治療費は
子猫か成猫によっても変わって
きますがまずは子猫の入院治療の
場合です。

 

・初診料(もしくは診察・再診料)
500円~3.000円
*病院によって初診料が高額な
とこも(一般的には1.000~2.000ですが)

 

・検査料(通常・糞便検査)
2.000円~3.000円

 

・点滴料(一日あたり)
2.000円~3.000円

 

・注射(抗ウイルス剤)
1.500円~2.500円

 

・注射(抗生剤や下痢止めなど)
2.000円~4.000円

 

・入院費(一泊)
3.000円~5.000円
*パルボウイルスは隔離病室に
なるため、入院費も高めになる
ことが多いです。

 

ざっとこんな感じです。

 

入院治療で安くても一日1万円
近くはかかります。

 

これが入院日数分となるので、
費用負担も大変です。

 

回復が早く状態が良ければ、
早めに点滴が外れることもあります。

 

成猫の場合は状態によりますが、
通院で治療が可能な場合もあります。

もちろん毎日の通院が必要ですが。

 

治療内容の注射としては子猫の
入院治療の場合と同じです。
(体重が増えるぶん、少し注射代
などアップすると思われますが)

 

成猫の場合も状態が悪く、
入院となれば子猫同様、もしくは
それ以上の費用になります。

 

ただ、成猫の場合は体力が
あるぶん、子猫よりは回復が早い
ことが多いですので、治療期間
も短くて済む可能性も高いです。

 

余談として・・

 

 

例えば拾ってきた子猫がパルボ
だった場合など、高い治療費が
かかるのは気の毒だなと思われた
とき・・

優しい(?)獣医師さんなどは、
治療費を安くしてくれることも
あります。

 

ただ、パルボウイルスの治療は
病院全体の消毒
が大変+院内感染
に神経を使
ため、治療費の減額
はあまり期待できないかも(?)です。

 

他の入院中のネコさんもたくさん
いますので。

 

通常は予防接種をしていない猫は
入院はさせない、預からない

ので、大丈夫なのですが、様々な
病気で弱っている(免疫力が落ち
ている)ネコさんもいますので、
万が一のことがあっては大変です。

 

絶対に感染しないとは言えませんので。

 

院内感染は絶対に防がなくては
いけません。
病院のプライドや信用にも関わる
問題ですし。

 

だからパルボウイルスの入院
(通院もそうです)の子がいる場合
は看護師やスタッフも最善の
注意を払って神経を使います。

 

基本的にパルボウイルスの世話
や管理をする
人間を1人決めて、
それ以外のスタッフは
一切近寄らない!

なんてこともフツーです。

 

専用のエプロンに毎回着替えて、
手袋して
と。

 

そして、お世話が終わる都度、
手はもちろん、体全体にも消毒液
吹きかけられます。

 

まるで、そのスタッフが伝染病の
ような扱いになります。

 

通院の場合でもそうです。
他のネコさんに会わせないように
診察時間外などに受診してもらう
ようにします。

 

そして、治療が終わった都度、
消毒液を持ったスタッフが
飼い主さんとネコさんの通った
道のりを玄関まで消毒して歩きます。

 

もちろん玄関の取っ手まで消毒です。

 

そのくらいまでして感染を防ぐ必要
のある伝染病です。

 

猫のパルボウイルスは感染力の
非常に強い
とても恐ろしい伝染病です。

ワクチン接種で防げます。
年に一回の予防接種を心がけてくださいね!

猫の混合ワクチンや白血病ワクチンの費用と副作用は?

スポンサードリンク


 

スポンサードリンク







関連記事

  1. 猫ひっかき病の予防はノミの駆除が効果的!原因や症状と治療!
  2. 猫の腎不全は完治する?急性と慢性によっての違いや予後とは?
  3. 猫の便秘の原因?巨大結腸症の原因や症状と治療や治療費は?
  4. 猫の花粉症が急増中!くしゃみや目やにの治療と予防対策は?
  5. 猫が去勢手術後に尿結石になりやすいと言われる理由とは!?
  6. 猫の巨大食道症(食堂拡張症)の原因や症状と治療法について
  7. 猫の慢性腎不全(2)検査や診断と病状の進行について!
  8. 猫のトイレの回数が多い?オシッコが出ない・しないのになぜ?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ねこタワー

ペット保険一括見積もり

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP