猫のカリシウイルス感染症の原因や症状,治療やかかる費用は?

ネコ風邪?

 

猫の鼻水やくしゃみ、目ヤニなど
の症状
は多くがカリシウイルス
感染症
によるものです。
(またはヘルペスウイルス)

 

ネコ風邪と呼ばれることも多いです。

 

非常にポピュラーな病気です。
ただ、ウイルスが原因なので、
ヒトで例えるとインフルエンザ
みたいなものです。

スポンサーリンク


一旦このウイルスに感染すると
ウイルスが体から抜けることは
ありません。

体内にウイルスを持ち続けます。

 

ですから、保菌状態となり、症状
が出て
いなくても持続的にウイルス
を排出している
状態となります。

 

通常、成猫の場合は、健康体の
ときは、
特に症状が出ることは
あまりない
ですが。

 

体力が落ちたときや、他の病気に
なって
免疫力が落ちているとき
などに発症する
ことが多いです。

 

また子猫の場合は、体力がないので
症状もひどくなることが多いです。

 

カリシウイルス症の原因は?

 

カリシウイルスは猫同士でうつる
伝染病
です。
*ヒトへの感染はしません。

 

カリシウイルスに感染した猫の、
目ヤニや鼻水、よだれなどに
接触することで感染
します。

 

また、同じ食器でご飯を食べたり
水を飲んでも
感染します。

 

空気感染もしますので、
多頭飼育の場合、同じ部屋で
くしゃみをされたら他の猫さんも
全部感染すると思っていいです。

非常に感染しやすい病気です。

 

野良猫やお外に出る猫さんは
100%感染しています

また室内飼いのネコさんでも
80%以上は
保菌状態であると言えます。

 

多くは子猫のうちに母猫から
伝染ってしまっていますし、
保菌状態であれば症状が出て
いなくてもウイルスを排出しています。

 

ですから知らないうちに他の
ネコさんも感染させてしまって
いるわけです。


このウイルスを持っていない猫は

まずいないのでは?と言っても
過言では
ないくらいポピュラーな病気です。

猫のよだれと口臭の原因は?血や茶色いよだれは病気のサイン!

 

カリシウイルス症の症状は?

 

代表的な症状は、
目ヤニ・鼻水・くしゃみ・口内炎・
高熱などです。

鼻水で鼻がつまって、
呼吸がしづらくなったり・・

口内炎の痛みで、
ご飯が食べられなくなったり・・

結膜炎を起こして
目が開けられなくなったりします。

 

そして抵抗力のない子猫などは、
食欲不振から
衰弱して、肺炎に
なったりと、命にかかわる
こともあります。

 

また、同様のネコ風邪と呼ばれる
症状が出る他の病気として
ヘルペスウイルス
クラミジア感染症

あります。

 

そして多くはこの病気とカリシ
ウイルスに
セットで感染している
場合がほとんど
です。

 

そのため、なおさら症状が悪化
することが多いのです。

スポンサー リンク


猫の猫カリシウイルス感染症
の治療は?

 

カリシウイルスを直接やっつける
お薬は
ありません。

ですから、治療としては

症状を
できる限り
抑えながら、猫さん
の体力や免疫力をあげて
自分の
力で回復するのを手助け
してあげます。

 

抗ウイルス剤(インターフェロン)
抗生物質・消炎剤・点眼・輸液
(点滴)
などそのときの猫の症状に
よって対症療法を行います。

 

また、目ヤニや鼻水がひどい
ときはこまめに洗浄してあげる
ことも大事です。

 

成猫の場合は、
インターフェロン注射を一日おき
に3回
ほど打ってあげると
ほとんどの場合症状は改善します。

 

多くは、長くても2週間程度
症状は治まりますが、他の病気
があったり
老齢の場合などは
長引くこともあります。

 

そして重症化してしまう可能性
の高い子猫の場合は・・

 

元気、食欲があれば、
インターフェロンと抗生物質、
目と鼻の状態によっては点眼・

点鼻などで様子を見ます。

 

インターフェロンは成猫同様一
日おきに注射することが多いです。

2週間程度で治ってくれれば安心です。

 

元気、食欲もなく衰弱している
場合は、
入院治療になることもあります。

 

インターフェロンや抗生物質
と併用して
食欲が戻るまで点滴
をして、体力回復を
待ちます。

 

また保温も大事になってきます
ので、ヒーターを敷いたり、
温度管理のできる保育器やICU
などの部屋に入院させ治療する
こともあります。

 

食欲が出てくれば安心なので
退院して通院での治療になります。

 

子猫の場合は成猫より症状が
治まるまで時間がかかることが
多いですが、ある程度まで回復
したらインターフェロンは中止して

ワクチンを接種していくことが多いです。

猫の免疫力アップにアガリクスは有効?選び方や注意点なども!

カリシウイルスの治療費用は?

 

基本はインターフェロン・抗生物質になります。

状態に応じて点眼や点鼻など。

 

・初診料(診察・再診料)
500円~3.000円

・注射(インターフェロン)
1.500円~3.000円

・注射(抗生物質)
1.000円~2.000円
*抗生物質は飲み薬だけの場合も

・点眼薬状況に応じて抗生物質
や抗炎症)
1.000円~1,500円

・点鼻薬(状況に応じて)
1.000円~1.500円

・内服薬(抗生物質・一週間分)
1.000円~2.000円

この他、入院治療になった場合
などは一日1万円前後かかると思われます。

 

まとめ・・

 

カリシウイルス感染症と
猫ウイルス性鼻気管炎は
動物病院に来院されるネコさん
の病気のなかで一番多い病気です。

 

ほとんどのネコさんは1~2週間
で治りますが治りが悪い場合や、
慢性化している、頻繁に再発を
繰り返すようなネコさんには
インターフェロンの点眼薬を出して
くれるところもあります。

 

これは目薬としての作用ではなく
目の粘膜を通してインターフェロン
を体に吸収させていく
といった
意味合いの治療になります。

 

これを一日一回点眼しておくと、
抗ウイルス剤
が常に作用している
状態になり、カリシウイルス

が発症するのを抑える効果があります。

 

また、一年に一回のワクチンを
打っていけば、どんどん免疫が
ついて症状が出るのを抑えられる
ようになります。

 

カリシウイルスとネコ伝染性
鼻気管炎(ヘルペス)は
3種混合
のワクチンの中に入っています
ので
接種を心がけましょう。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です