キャットフードについて

猫の甲状腺機能亢進症の療法食!ヨウ素制限の効果と価格など!

甲状腺ホルモンの過剰分泌に
よって起こる高齢猫に多い病気
の甲状腺機能亢進症。

 

以前まではお薬を服用することで、
甲状腺ホルモンの合成を抑え、
分泌を減らすという内科的療法が
基本の治療でした。

 

しかし、2012年にヒルズから
猫の甲状腺機能亢進症に対応した
世界初の特別療法食が発売され、
甲状腺機能亢進症が食事療法だけで
治療を行えるようになりました。

 

スポンサードリンク


猫の甲状腺機能亢進症用の療法食は
プリスクリプションダイエットの
『y/d』です。

 

<y/dの特徴は?>

 

y/dの一番のポイントは、
ヨウ素を非常に低く制限してある
低ヨウ素のキャットフードという
ことです。

 

また、高齢猫に多い慢性腎不全
にも配慮してあり、リンを制限、
低ナトリウムになっています。

 

他にも、オメガ-3脂肪酸と
オメガ-6脂肪酸などを高レベル
で配合、皮膚や被毛の健康も
考えられています。

 

規格はドライフード2kg
缶詰156gがあります。

 

価格は、病院や店舗、通販に
よっても変わりますが、
ドライ2kg \3.500~
缶詰(1缶) \250~

となっています。

 

*今はネットなどでも安く購入
できますが、基本的に療法食です
ので、獣医師の指示に従って与える
必要があります。

<甲状腺ホルモンの働きは?>

 

甲状腺ホルモンは、食事で摂取した
タンパク質や脂肪、炭水化物などの
エネルギー代謝の過程を刺激したり
促進したりと調節する作用があります。

 

動物の生命活動には必須の
ホルモンなのです。

 

そして、甲状腺ホルモンは体の中で
唯一のヨウ素有機化合物で、食事
などから摂取されたヨウ素は、
甲状腺ホルモンの合成のためだけに
使われます。

 

スポンサードリンク


 

<ヨウ素制限の効果とは?>

 

ヨウ素は、ヨードとも呼ばれ
甲状腺ホルモンを産生するのに
必要な栄養素です。

 

ヨウ素は、主に海藻や魚介類
などに多く含まれ、必須ミネラル
の一つですが、猫への必要量は
極微量(100ug)です。

 

そして、ほとんどのキャットフード
には、最小必要量の3~5倍のヨウ素
が含まれています。

 

そして、このヨウ素の量を猫に
必要な最小量にまで抑えた食事
がヒルズのy/dです。

 

甲状腺ホルモンの構成成分で
あるヨウ素の摂取制限をすること
で、甲状腺ホルモンの過剰な
産生や放出を抑えることができる
のです。

 

 

スポンサードリンク


<療法食の利点と注意点>

 

内科療法の場合は、甲状腺の
ペルオキシダーゼという酵素を
阻害して、甲状腺ホルモンの
生合成を抑制する薬の服用が必要に
なりますが、長期の使用になれば
副作用の心配などもあります。

 

そして、基本的に一生飲み続ける
ことになります。

 

お薬を飲ませる手間もお薬代も
必要になります。

 

しかし、食事療法で治療できれば
毎日の食事を療法食に変えるだけ
でいいわけです。

 

療法食ですから、通常のキャット
フードよりは高いですが、薬代
を考えると当然お安いです。

 

また、腎不全などにも配慮して
ありますし、高齢猫の健康を
考えて作られているので安心も
できます。

 

*注意点

 

ただし、注意点としておやつは当然
他の食材を与えてしまっては意味が
なくなります。

 

y/dとお水だけという食事を徹底
する必要があります。

 

また、食べ始めてから(y/dのみ)
効果が現れるのに約3週間かかります。

 

前フードからの切り替え期間
入れると1ヶ月~2ヶ月程度の
時間は必要になります。

 

その他、病気によって療法食は
複数社のメーカーのものが
選べるのですが、猫の甲状腺機能
亢進症用の療法食は現在のところ
ヒルズの一社のみです。

 

ですから、食べない場合には、
他を試してみるということも
できず、なんとか食べてもらう
しかありません。

 

また、サイズが2kgしかないので
猫1匹用としてはちょっと大きい
ですよね。

 

開けたらどんどん風味は落ちて
いってしまうので猫用のフードは
なるべく小分けが望ましいものです。

 

まず食べるか試してみようという
サイズではないですし。

 

今後需要も増え、要望も
高まってくれば500gなども
発売されるかもしれませんね。

 

<関連記事>

猫の甲状腺機能亢進症の原因や症状、治療と治療費は?

猫の甲状腺機能亢進症の治療薬メルカゾールの費用や副作用は?

猫の夜鳴きの意味や理由は?高齢猫の場合に考えられる病気は?

 

スポンサードリンク







関連記事

  1. ノミ・ダニなど猫の皮膚につく寄生虫の症状や駆除のお薬は?
  2. 猫の便秘の原因?猫の巨大結腸症の原因や症状と治療や治療費は?
  3. 猫の口臭とキャットフードの関連性!食事選びの重要性とは?
  4. 猫の慢性腎不全(5)末期の症状や自宅でできる治療とは?
  5. 猫の耳の中が黒い・掻く(猫の耳ダニ)原因や症状と治療費は?
  6. 猫の歯周病(後編)の治療や治療費とおウチでのケアは?
  7. 猫の寄生虫の種類や症状、お薬や治療費は?人にうつるの?
  8. 猫は味よりも栄養に基づいてフードを選ぶよう学習していた!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

にゃねっと無料会員登録

ねこタワー

犬と猫の救急箱

天然バイオ消臭剤「猫ピタ」

ねこのきもち

ねこのきもち

ペット保険一括見積もり

猫のニュース・エンタメ(海外)

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP