猫の病気

猫の慢性腎不全の薬セミントラの効果や副作用などは?

猫の慢性腎不全は、体の状態や
ステージによって、さまざまな
薬を組み合わせて腎不全の進行
を遅らせること、そしてQQLを
高めていくことを目標に治療が
行われます。

 

ですから、その猫さんの状況に
よって、いくつもの薬剤などを
総合して最適だと思われる治療が
選択されます。

スポンサードリンク


 

その中でも比較的新しい腎不全の
薬として使われているのが、
2014年7月に発売された
『セミントラ』という薬です。

 

セミントラはシロップのお薬で
猫にも飲ませやすいと言うこと
で、処方もしやすく、また副作用
が少ない薬とも言われています。

 

ただし、まだ新しい薬のため、
その適応や効果についてはまだ
検証段階の薬であるとも言えます。

 

そこで実際、セミントラとは
どういう薬でどんな効果や効能
があるのか、また副作用には
どのようなものがあるのかなど
についてまとめてみました。


出展:http://k-dogs.net/archives/384

<セミントラとは>

 

「セミントラ4mg/ml 経口液猫」
は、動物医療の領域では、世界初の
『ARB(アンジオテンシンⅡ受容体阻害薬)』です。

 

成分は、テルミサルタンで
人用の薬では「ミカルディス錠」
というものがありそれと同じです。

 

いわゆる降圧剤(血圧を下げる薬)
です。

 

これまで猫の腎不全の降圧剤は
フォルテコールというACE阻害薬
が主に使われてきました。

 

ACE阻害薬は、アンジオテンシン
変換酵素阻害薬です。

 

ARBとACE阻害薬は、どちらも
血圧の上昇を抑えるのですが、
作用するポイントが違います。

スポンサードリンク



出展:http://www.fizz-di.jp/archives/1032830889.html

 

血圧を下げるという点では、
どちらも効果は同じです。

 

ただ、セミントラは猫の慢性腎不全
における蛋白尿の減少を目的に
作られた薬ですので、蛋白尿がある
ときに
効果的なのはセミントラだと
されています。

 

ですから、蛋白尿がある場合には
基本的にセミントラの処方
選択されます。

 

また、フォルテコールを飲んで
いても、蛋白尿が出るようになると
セミントラへ変更することが多いです。

 

スポンサードリンク


 

<セミントラの効果、効能>

 

一度ダメになった腎機能は回復する
ことはなく、慢性腎不全の治療は、
残されている腎臓にかかる負担を
軽減する薬を用いて、病状の進行を
抑える内科療法が中心です。

 

セミントラは、慢性腎不全の進行を
早めるとされている蛋白尿を減少
させる効果があります。

 

有効成分のテルミサルタンは、
ナトリウムの貯留や糸球体内圧上昇
をもたらすアンジオテンシンIIの
阻害作用があり、ナトリウム利尿の
促進作用や糸球体内圧降下作用
よって蛋白尿の減少に効果を発揮します。

 

簡単に言うと、
腎臓にかかる血圧(糸球体内圧)を
降下→腎臓を保護する→蛋白尿を
減少ということです。

 

 

この働きによって腎機能の低下を
抑制します。

<セミントラの副作用>

 

基本的には、副作用の少ない薬と
されていますが、軽度の消化管
症状として、

*嘔吐
*下痢
*軟便

が認められることがあるようです。

 

また、稀に肝臓の数値(肝酵素)の
上昇が見られることがあるようです
が、薬を中断すれば、数日後には
正常値に戻るとされています。

 

薬の副作用の程度や頻度から
してみれば確かに比較的安全な
であると言えるとは思われます。

 

また、嘔吐や下痢など、副作用を
疑われる症状が現れた場合には、
一旦中断して副作用か否かを
判定する必要があります。
(嘔吐や下痢などは慢性腎不全の
症状でもあるため)

<セミントラの適応、注意点>

 

慢性腎不全におけるセミントラの
適応は、

*腎性の高血圧がある
*蛋白尿が出ている
*腎不全が悪化していない
*脱水していない

ことが条件です。

 

脱水をしている状態で
セミントラを投与すると逆効果
になり、さらに腎機能が悪化する
可能性があるとされています。

 

ですから、一般的には、
ステージ4のような進行した状態
では皮下輸液をしても完全に脱水
を補正することはできないため、
末期の腎不全では使ってはいけない
とされています。

 

また、腎不全の初期や中期でも
脱水がある場合などは、皮下輸液
などで脱水を補正しながら投与
する必要があるということです。

 

さらに、腎不全も末期の状態では
セミントラの降圧効果は期待
できないとされています。

いずれにしろ、セミントラは
まだ歴史も浅く、その効果に
ついての実績や報告も少ないため、
今後じっくりと検証していく必要
がある薬です。

 

猫の慢性腎不全については、
さまざまな研究がなされてきて
いますので、今後さらに良い
特効薬の開発も時間の問題です。

 

動物医療のさらなる進歩に
よって、猫の宿命とも言える
慢性腎不全を回避して、愛猫が
長く生きられるように期待したいですね。

 

<関連記事>

ws000004猫の腎不全の治療薬が開発中!期待される効果や実用化の時期は?

猫の慢性腎不全の中期!症状や体の状態、治療や経過について!

ws000004猫の腎不全!CRE(クレアチニン)とBUNの数値で見るステージは?

 

 

スポンサードリンク







関連記事

  1. 猫の流涙症の原因や症状と治療や治療費は?涙が止まらない!
  2. 猫の慢性腎不全(4)治療費は?自宅でできる治療とは?
  3. 猫のてんかん発作、けいれん(前編)原因や症状とは?
  4. 猫の歯周病(後編)の治療や治療費とおウチでのケアは?
  5. 猫の扁平上皮癌!抗がん剤や放射線の治療方法や効果は?
  6. 猫の悪性リンパ腫の治療!抗がん剤の種類や副作用について!
  7. 猫の喘息!アレルギー性気管支炎の原因や治療法と予防まで!
  8. 猫のパルボウイルス感染症(後編)の治療と治療費は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

にゃねっと無料会員登録

ねこタワー

犬と猫の救急箱

天然バイオ消臭剤「猫ピタ」

ねこのきもち

ねこのきもち

ペット保険一括見積もり

猫のニュース・エンタメ(海外)

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP