猫の飼育について

猫が毛玉の部分を痛がる,触ると怒る!お手入れや対策法は?

猫と言えば抜け毛や毛玉。

短毛種であれば胃の中に
溜まった毛玉を吐き出すことは
あっても皮膚上で毛が絡まり毛玉
になってしまうことはないですよね。

 

でも長毛種の猫さんの場合は、
毛のお手入れはなかなか厄介な
ものです。

 

スポンサードリンク


短毛種であっても長毛種でも
猫は毛が抜けます。

 

そして当然長毛種の猫さんの方が
毛が長いため、猫さん自身も
飼い主さんもその処理は大変に
なります。

 

猫は自分でグルーミングして
毛を飲み込んでしまいますので、
上手に吐き出せない子や量があまりに
多い場合は、胃の中に溜まる毛玉が
大きくなり頻繁な吐き気や食欲不振
などの『毛球症』になってしまうのも
ほとんどが長毛の猫さんです。

 

また、ブラッシングを怠ると
皮膚が毛玉だらけなんてことも。

 

特に猫さんの場合はお腹、横腹、
内股、脇の下、耳の後ろなどが毛玉
ができやすい部位です。

 

その辺りはブラッシングを嫌がる
猫さんが多いというのもあります
し、摩擦を受けやすい部位という
理由もあります。

 

そして、いつのまにかガチガチの
毛玉になってしまうという・・
長毛の猫さんに多い状態です。

ws000004

小さなお団子状の毛玉が少しずつ
ある程度であればまだブラシで
取れますし、毛玉取り専用の
ブラシなど使うといいですね。

 

ただ、毛玉は放置すると
だんだん広がり、まるで癒着して
いくように大きくなります。

 

そして皮膚に張り付くように
密着して、まるで体の一部の
ような状態になってしまいます。

 

ここまで来ると皮膚に不快感や痛み
を伴うようになり、猫さん自体も
ストレスはマックスになってきます。

 

そして毛玉の下の皮膚は炎症を
起こし、皮膚病のような状態に
なってしまっていることもあります。

 

また、毛玉によって皮膚が
引っ張られる状態になるため、
猫さんは触られるのを嫌がったり
怒ったりするようになります。

 

こうなってしまっては、一刻も
早くなんとかしてあげないと
猫さんの身体的にも精神的にも
良くありません。

 

スポンサードリンク


 

猫さんの性格や毛玉の状態にも
よりますが、お家でガチガチに
固まった毛玉を取るのはとても
至難の技です。

 

毛玉の状態にもよりますが、
ブラシでほぐそうと思っても
まず無理ですし、猫さんに苦痛を
与えます。

 

猫の毛玉を一番楽に取る方法は
動物用バリカンを使うのが基本です。

 

バリカンも人間用のでは
すぐに毛が絡みついて使えなく
なったり、刈れなくなったりする
ことが多いので。

 

人間の毛質と猫の毛ではその
細さも柔らかさもまったく違い
ますので。

 

そして、トリマーさんなどの
プロでも猫のトリミング(丸刈り)
などはレベルが高い技術が必要なのです。

 

特にガチガチの毛玉の部分などは
プロがやっても多少傷つけてしまう
こともあるほど難しいです。

 

猫の皮膚は柔らかく、伸びるため
毛玉が皮膚に密着しているほど
難しくなります。

 

バリカンを入れるときでも
基本は一切毛玉の部分を引っ張らないこと。

 

毛玉の部分を引っ張ってバリカン
を入れると引っ張られた皮膚も
一緒に切ってしまいます。

 

これはなかなか素人には難しい
と思います。

 

猫さんが大人しくしてくれて
手伝いがいればなんとかできる
かもしれません。

 

ただ、お腹や内股などの特に
皮膚がたるんでいるところは
非常に危険です。

ws000002

スポンサードリンク


ハサミを使うという手もありますが
ガチガチに皮膚に張り付いた状態
であればまず無理です。

 

ハサミで切れる状態の毛玉は
皮膚から毛玉までが1cmくらいは
開いてないと危険、厳しいでしょう。

 

そのくらい開いていればそこに
ハサミの刃先を皮膚に垂直に入れ、
皮膚から遠ざかる向きに毛玉を縦
に裂くような感じで何ヶ所か切っていきます。

 

そして毛玉をバラバラにした
ところで一つ一つ皮膚に注意
しながら切っていくか、ブラシ
で取っていきます。

 

youtubeで毛玉取りのお手本が
ありましたので参考までに載せて
おきますね。

 

ただ、こちらの動画はワンちゃんの
ものです。
犬と猫では毛質も違いますし、
毛玉の出来具合いも少し違います。

 

しかし、ハサミを使っての毛玉の
取り方としては方法は同じですので
参考にしてみてください。

youtube  ノア動物病院

しかし、これも猫さんが
おとなしくしていてくれないと
危険は伴います。

 

っと言うわけで、毛玉の状態にも
よりますが、やはりプロに任せる
のが一番手っ取り早いと思います。

 

一度、キレイにつるつるにして
もらってそこからは毛玉にならない
ようにブラッシングを頑張って
いくようにするのがベストです。

 

また、毛玉になりやすい部分や、
ブラッシングを嫌がる場所などは
定期的に毛を短く刈っておくと
言うのも一つの手です。

 

いずれにしろ、猫さんにとって
毛玉がたくさん出来ている状態は
心身ともに良くありません。

 

早めに解消してあげましょう。

 

<関連記事>

ws000004猫の毛玉は放置すると皮膚炎や病気を引き起こす可能性も!

ws000005猫の毛球症・毛玉(ヘアボール)の原因や症状と予防法は?

ws000006猫の抜け毛対策はブラッシングが重要!対策とおすすめブラシ!

 

スポンサードリンク







関連記事

  1. 猫の飼い方!夏の室内での注意点!外出時や留守中などは?
  2. 猫は飼いやすい・飼育が楽って本当?実は大きな間違いだった!
  3. 高齢猫が水を飲まない!考えられる原因や対処法は?
  4. 猫の飼育にかかる費用は月額いくら?必要な維持費や急な出費!
  5. 猫の夜鳴きの意味や理由は?高齢猫の場合に考えられる病気は?
  6. ご長寿ペット王国日本に!?犬と猫の平均寿命が過去最高に!
  7. 猫アレルギーでも猫は飼える?症状を軽減させる対策と対処法!
  8. 猫の健康チェック!病気の早期発見ができるのは飼い主だけ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

にゃねっと無料会員登録

ねこタワー

犬と猫の救急箱

天然バイオ消臭剤「猫ピタ」

ねこのきもち

ねこのきもち

ペット保険一括見積もり

猫のニュース・エンタメ(海外)

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

猫の種類

PAGE TOP