猫の病気

老衰の猫の強制給餌や延命について!人の思いとネコの気持ち

愛猫の最期の時が近づいている・・

 

それは必ずやってくるもの。
飼ったときから分かっているもの。

 

でも、分かっていたけど言葉には
表せないほどの辛いものですよね・・

 

亡くなったときが悲しいから
生き物(ペット)は飼わない・・
と仰る方がおられますが、
その気持ち良く分かるな~・・
なんて最近よく思います。

 

スポンサードリンク


今は猫さんの寿命も大幅に伸び、
ご長寿の元気な猫さんが多くなり
ましたよね!

 

もっともっと寿命が伸びれば
いいのに!っと日々思っていますが。

 

しかし、必ずやってくる別れの
とき・・そのときどうすれば?
どうしたい?猫はどう思ってる?

 

などと自問自答しながら悩むもの
ですよね。。

 

 

愛猫さんの最期は室内飼育であれば
何らかの病気か老衰によるものが
ほとんどです。

 

そして、それは徐々に猫の体の
機能を奪っていき、食事が取れなく
なり、動けなくなり、寝たきりに
なり、最期には亡くなります。

 

特に老衰の場合には、これらは
ゆっくりと進行していきます。

ws000002

飼い主さんはなるべく長く
生きてほしいと一生懸命に介護を
されるでしょう。

 

猫さんが自力で食事を
摂れなくなったとき・・
食べないと死んじゃう・・と
強制給餌という方法でなんとか
食べさせようとする方がほとんどです。

 

しかし、ここでまた悩んでしまう
んですよね・・

 

この延命は猫にとっては苦痛じゃないのか?

いつまで続けるのか?

人間のエゴではないか?と・・

でもこんなに痩せて・・

 

スポンサードリンク


老衰の猫さんの強制給餌や延命処置
については、こうしたらいい・・
などという明確なものもなければ
何が一番いい・・という正解もありません。

 

すべては飼い主さんが自分の思い
で決めることであり、それが飼い主
としての最期の責任です。

 

もちろん、それが決めれないから
悩むのですが・・

 

少しでも長く生きてほしい・・
誰しもが思うことです。

 

病気じゃない、老衰なんだから
もう寿命ってことなんだから
もう楽にこのまま逝かせてあげた
方がいいのか・・?

 

強制給餌も嫌がるし、愛猫に
そんな苦痛まで与えてまで食事
を摂らせる必要があるのか・・?

 

自分のやっていることは、
ただのエゴ・・?
それによってかえって愛猫を
苦しめてる・・?

 

これらについては、さまざまな意見
があることでしょう。

 

ですから、ここから先はあくまでも
私個人の意見であり、思いです。

ws000001

スポンサードリンク


老衰とは加齢によって心身の機能が
衰え、生命活動の維持が困難になり
亡くなってしまう状態です。

 

つまり、状態にもよりますが、
猫さんが自力で食事ができなくなり
口元に持っていっても食べようと
しない場合には、もう胃腸も機能
しなくなっている可能性も高いです。

 

また、強制給餌を嫌がる場合は、
それだけでも猫さんにとっては
ストレスであり、体力を使うこと
になります。

 

どうしても流動食を食べさせたい
なら、鼻からチューブを入れて
もらうかな・・

 

猫さんの状況にもよりますが・・
嫌がることはもうしないと思います。

 

ですから、私だったらこの状況で
あれば食事はあきらめて、皮下輸液
と栄養剤で脱水だけしないように
してあげると思います。

 

治る病気ならどんなに嫌がっても
食べさせ治療します。
しかしもう体の寿命ならしょうが
ないと思います。

 

そこまで頑張って生きてくれた。
それだけで感謝です。

 

あとはもう少しでも楽に逝かせて
あげられるように・・それだけです。

 

自由に生きてきた猫だから・・
常に自分に正直にまっすぐ
生きてきた猫だから・・

 

たぶん最期も自由にさせてほしい
と思ってると思うから。

 

そんな猫の生き方を尊重して
あげたいと私はそう思います・・

ws000001

愛猫に対する思いは人それぞれ
です・・

 

猫の気持ちを考えてあげることも
大事だとは思いますが、決めるのは
飼い主さんであり、その思いは
猫さんにも伝わると思います。

 

ずっと一緒に生きてきたんですから
ずっとそばで飼い主さんを見てきて
るんですよ猫さんも。

 

だから猫さんは飼い主さんの
気持ちも思いも良~く分かってる
はずです!

ちゃんと受け止めてくれますよ。

 

ですから、どんな決断であれ、
最期は自分の思いを貫いてほしい
と思います。

後悔のないように。

 

<関連記事>

ws000008歩けない,動けない,寝たきり,老衰の猫の介護や看病について!

 

スポンサードリンク







関連記事

  1. 猫の急性腎炎(糸球体腎炎)の原因と症状、治療法は?
  2. 猫の糖尿病(3) 末期の症状や治療費は?まとめ
  3. 猫の結膜炎は治りにくい?原因と症状や治療と治療費について
  4. 猫の毛球症・毛玉(ヘアボール)の原因や症状と予防法は?
  5. 猫が吐く!原因や病気の可能性は?変なもの食べたのかしら?
  6. 猫が水をよく飲む・飲みすぎると注意!原因や病気の可能性は?
  7. 猫の脳炎と脊髄炎の原因や症状と治療法!発熱や発疹に注意!
  8. 猫の腎不全の治療、予防のカギ!血中たんぱく質AIMとは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

にゃねっと無料会員登録

ねこタワー

犬と猫の救急箱

天然バイオ消臭剤「猫ピタ」

ねこのきもち

ねこのきもち

ペット保険一括見積もり

猫のニュース・エンタメ(海外)

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

猫の種類

PAGE TOP