猫のニュース・エンタメ(海外)

猫が占拠?ロンドンの駅の広告が一夜にして猫に乗っ取られた!

海外でも少なからず猫ブームは
あるようで・・
英ロンドンの地下鉄の駅で起こった
サプライズが話題になっています!

 

一夜にして駅構内の広告が猫まみれ!?

一体どうなってるの?^^

スポンサードリンク


ロンドンのクラッパム・コモン駅
で起きた素敵なサプライズとは?

 

何と一夜にして駅の日常の光景が
様変わりしていた!のです。
しかも猫まみれに・・^^

 

にゃんとっ!駅に貼ってある
すべての広告が猫たちの写真に
入れ替わっていたと言うから
驚きですね!

 

朝、フツーに出勤しようと駅に
行ったら・・
にゃにゃっ にゃんだこれはっ!?
っとなるわけですからまさに
サプライズなわけですよね~。

ws000005 ws000007

スポンサードリンク



出展:http://news.livedoor.com/article/detail/12013811/

そりゃ~ 思わず写真も撮って
しまうでしょうっ^^

 

猫に囲まれた通路を歩くのって
なんて素敵なんでしょう♪^^

 

さらにエスカレーターや改札でも
猫さんたちがお出迎え♪

ws000008 ws000009
出展:http://news.livedoor.com/article/detail/12013811/

素晴らしいっ!
まるで猫ワールドに足を踏み入れた
かのようですにゃっ♪

 

猫好きとしてはもうずっとこのまま
でいいんじゃない!?ってな感じですが・・^^

 

さてさて、しかしなぜこのような
ことが起こったのでしょう・・
犯人は?^^

 

スポンサードリンク


駅を一夜にして猫まみれにしたのは、
英クリエイティブ集団「Glimpse」
たち。

『The Citizens Advertising
Takeover Service』
略してCATSと言うプロジェクト
の一環で行われたものだと言う
ことです。

 

つまり猫の保護団体でもなければ
動物関係の仕事の人たちではない
わけですね・・

 

なぜこのようなことをしたか?

ま~分かりやすく言うと・・
面白いから!だそうです^^
お見事!

 

しかし、ちゃんとした(?)理由も
あるんですよ!

 

*商品の広告だと飽きるし、常に
何かを買うように言われている感
があり、疲れるから。

*猫は可愛いし、猫の広告にすると
見た目がいいから。

*施設の猫たちに新しい家を与える
手伝いのため。

 

ということですね。^^

 

ですからこの広告に使われている
猫さんたちは2つの動物保護団体が
保護している子たちの写真が使われているそう。

ws000010
出展:http://news.livedoor.com/article/detail/12013811/

そしてこの広告料は、
クラウドファンディング・サイト
「Kicksterter」にて募り、約700人
から初めの目標額23,000ポンド
(約300万円)を集めたそう。。

 

このような企画に賛同して募金が
集まるというのがまさに海外だな~
っという感じがしますね^^

 

日本では集まらないんじゃないかな~?^^;

 

でもこの広告を見た人たちの少し
でも猫を飼いたい・・と思って
保護猫を引き取ってくれれば猫
たちに新しい飼い主ができるわけ
ですからね~

 

こんな面白い可愛いサプライズで
さらに猫たちを助けることが
できるなんてステキな企画ですよねっ♪

 

このニャンダフルな猫たちの広告
掲載期間は9月12日から2週間
いうことです。

 

CATSプロジェクトの代表は、
『ここを訪れて楽しんでもらうと
同時に、力を合わせれば無理だと
思われることでも実現できる。
ヒトには世界を変える力がある。
ということを伝えたい』と話されて
いるそうです!

ws000012
出展:http://news.livedoor.com/article/detail/12013811/

ワンちゃんも興味津々ですね^^

 

でもさすがイギリスだな~って
感じです。
イギリスは猫に対する国民の意識と
いうか関心が非常に高い国です。

 

何せ、猫が公務員として政府に
雇われている国ですからね!^^

 

<関連記事>

WS000008イギリスの首相官邸に勤務する猫のラリー!首相交代後も続投!

WS000007英首相官邸に残留の猫ラリーと外務大臣の猫のバトルが勃発!

WS000004英政府がラリー・パーマストンに続き3匹目の新たな猫を採用!

 

スポンサードリンク







関連記事

  1. 極寒で命の危機も!足が凍りついて身動きできない猫が救出!
  2. 韓国のSHINeeのネコ版SHINyan(シャイニャン)の猫ホイ…
  3. ブサカワ猫ブーム!日本代表からアメリカや中国のぶさ猫選抜!
  4. 猫と共に育った子供はアレルギー反応が出づらい!?米大学研究!
  5. 猫好きは浮気性?不倫願望のある人に人気のペットがネコだと?
  6. 英官邸の新入り猫グラッドストーンは凄腕のハンターだった?
  7. 緊迫!車が行き交う高速道路に落ちた子猫の奇跡の救出劇とは?
  8. 英首相官邸に残留の猫ラリーと外務大臣の猫のバトルが勃発!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

にゃねっと無料会員登録

ねこタワー

犬と猫の救急箱

天然バイオ消臭剤「猫ピタ」

ペット保険一括見積もり

猫のニュース・エンタメ(海外)

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP