診療費について

猫の健康診断の項目や料金,頻度と必要性は?血液や尿検査など!

愛猫の健康、長生きのために!
病気の早期発見のために重要
なのは定期的な健康診断です。

 

愛する猫の健康を守ってあげられる
のは飼い主さんだけです。
そしてそれが飼い主の努めなのです。

スポンサードリンク


猫は体調の悪さを隠す動物です。

 
そのため、病気が分かった時には、
すでに進行していることが多く、
治療の成果もあまり上がらず、
残念な結果に・・という状況も
非常に多いのです。

 

ですから、何の異変を感じなくても
定期的に検査を受けておくことが
何より大事なこととなります。

WS000003

<検査は何歳から?頻度は?>

 

健康診断については、病院によって
違いはありますが、特に異常がない
5歳以下の猫さんであれば、一年に
一回、予防注射摂取時に聴診や触診
などの身体検査を受ける程度が多いです。

 

ただし、外出する猫さんの場合は、
同時に糞便検査はしておきましょう。

 

また、オシッコの状態など気になる
場合は尿検査もしておいた方がいいです。

 

もちろん、健康診断として一通りの
検査をしておきたい場合は、通常、
血液検査をすることになります。

 

また、病院によっては若齢でも年1回
の血液検査を推奨するところもあります。

 

若齢での検査はその猫さんの基準値
を把握しておくという点でも大事
なことでもあるのです。

 

また、症状は出ていなくても
先天性の病気などを持っている
場合もあります。

 

若いうちに一度は全体的な検査を
受けておくのも後々の安心に繋がる
ということですね。

 

健康診断の頻度としては、
5歳を超えたら毎年1回、10歳を超え
たら半年に1回というペースで定期的に
血液検査などを受けていくのが望ましいです。

WS000001

スポンサードリンク


<検査項目は?>

 

通常、健康診断として行われるのは
身体検査、血液検査、尿検査、検便
が主になります。

 

<血液検査>

血液検査は、赤血球、白血球、
血小板などの数値によって貧血や
炎症の状態などが分かる
血液一般検査

 

血液に含まれる酵素や代謝物質、
電解質などの測定によって各種
臓器の状態が分かる
血液生化学検査。

があります。

 

血液一般検査は基本的にはセット
項目になっていますが、生化学
検査については、調べたい臓器に
よって測る項目を決めて行きます。

 

一般的には、腎臓、肝臓、糖尿
などの状態を見ていくための
5~6項目の検査をする場合が
多いです。

 

何かの項目に異常が出た場合や
気になる症状がある場合などは、
項目は追加されていくこともあります。

 

また、病院によっても変わりますが
甲状腺ホルモンの項目を加える
ところもあります。
(甲状腺ホルモンの測定は多くが
外注検査です。)

 

高齢の猫に多い病気として腎不全、
糖尿病、甲状腺機能亢進症などが
挙げられるため、そこを重点的に
検査する場合がほとんどです。

 

<尿検査>

猫に多い尿石症膀胱炎など
泌尿器疾患の病気を調べること
ができます。

 

また、糖尿病や腎不全の診断の
手がかりにもなります。

 

猫のオシッコは自宅での採取は
なかなか難しいので病院で採尿
するところが多いですが、自宅で
の採尿できるようであればその方が
猫さんの負担は軽く済みます。

 

<糞便検査>

検便は、基本的にお外に出る猫さん
であれば必須ですが完全室内飼育で
特に気になる状態でなければさほど
重要ではないと思われます。

 

ただ、健康な便だと思っていても
便の状態や固さ、異物、毛などの
混入によっても猫さんの全身状況
や生活状況など、注意した方がいい
点なども分かることがあります。

 

また、便の採取は簡単ですので
せっかくですから、持って行って
検査してもらうといいでしょう。

 

そして上記の検査以外にレントゲン、
超音波検査などを行う場合もあります。

 

猫は心筋症心肥大などの病気も
多く、これらはレントゲン、超音波
での検査が必須です。

 

特に10歳を超えたら状況に応じて
検査も増やすことが必要になってきます。

スポンサードリンク


<健康診断の費用は?>

 

今では健康診断コースのような
感じで一通りの検査項目を決めて
パック料金にしている病院も多く
なってきました。

 

料金は病院によって変わりますが、
平均的に見ると、
身体検査、血液検査、尿検査、検便
などで10.000円前後の設定が多い
ようです。

 

単体で見ると、
身体検査・・1.000円
血液検査・・5.000~6.000円
尿検査・・・2.000円
糞便検査・・1.000円
レントゲン・・4.000~5.000円
超音波・・・4.000~5.000円

くらいが平均的な検査料金です。

 

犬猫ドックのような感じのコース
を設定している病院はこの中から
いくつか組み合わせたセット料金
を設定しているようです。

 

年齢にもよりますので、どのような
検査をしたらいいのかなどは、相談
してみるといいと思います。

 

また、飼い主さんの希望も伝える
べきですね。
検査前にしっかりと説明を聞き、
料金の確認もしておきましょう。

 

病気の早期発見はもちろん最重要
課題ですが、さほど必要性もない
のに多くの検査をするのも猫さんの
ストレスにもなりますし。

 

また、日常生活においての情報も
検査項目を決める手がかりにもなります。

・食事の内容
・食事量・飲水量
・トイレ回数
などは特に大事です。

しっかりと観察して健康診断の歳に
伝えましょう。

WS000004

<健康診断の必要性>

 

繰り返しになりますが、猫は病気を
隠す動物です。

これは猫の本能であり生態です。

 

飼い主さんが異変に気付いた時には
病気は初期ではなく、進行している
ということがほとんどです。

 

つまり、普段通り元気にしている
猫さんでもその体の中では病気が
静かに進行していっている可能性
があるのです。

 

猫は高齢になっていっても外見は
さほど年齢を感じさせません。
犬のように老いが表面に出てきません。

 

そのため、歳を取ってもいつまでも
若い元気なイメージを持たれがち
ですが、やはり年齢とともに体は
確実に衰えてきています。
病気もします。

 

その体の状況、異変をいかに早く
発見してあげられるかで寿命は
大きく変わります。

 

高齢の猫の死因のトップに挙げられる
慢性腎不全、また糖尿病などは、
早期に発見できればその後の治療次第
で長生きも十分可能なのです。

 

愛する猫さんを病気で苦しめない
ために、長生きしてもらうために、
病気の早期発見のために定期的
な健康診断、検査を心がけましょう!

 

スポンサードリンク







関連記事

  1. 動物病院の料金はなぜ高い?腕のいい病院は治療費も高いのか?
  2. 動物病院の料金の相場は?治療費の平均や違いはどこからくる?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

にゃねっと無料会員登録

ねこタワー

犬と猫の救急箱

天然バイオ消臭剤「猫ピタ」

ねこのきもち

ねこのきもち

ペット保険一括見積もり

猫のニュース・エンタメ(海外)

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

猫の種類

PAGE TOP