猫のニュース・エンタメ(国内)

ふてニャンこと猫の春馬くん出演ワイモバイルCMは動物虐待!?

やりすぎCM!?

 

大人気のタレント猫の春馬くん。
YモバイルのCMに出演してからは、
ふてにゃんとして話題になり、
一世を風靡し、今もその人気は
健在ですね。

 

CMも次々と新たなバージョンが
作られ、その都度、素晴らしい
演技力を発揮し立派に役を努めて
います。

スポンサードリンク


しかし、それも猫にとっては、
徐々に行き過ぎた演出になってきて
いて、今や動物虐待疑惑まで持ち
上がってきています。

 

より面白くしようというメーカー側
の思惑は分からなくはないのですが
忘れてはいけないのが、そこに人間
ではなく、猫を使っているという点ですよね・・

 

猫は自分の意思でタレントをやって
いる訳ではないですからね。。

しかも人間とはまったく違った
動物であるということ・・

 

youtube Y!mobile

今、ネット上で騒がれ、問題視
されているのがこちらのCM
『ふてにゃんディスコ編』ですね・・

 

携帯電話料金の1.980円に合わせて
ふてニャンと桐谷美玲さんが1980
年代にタイムスリップするという
設定のものです。

 

1980年代に一世を風靡した
煌びやかなディスコにふてニャン
が登場しています。

 

騒がしい音楽のなかでキラキラ
とミラーボールが光ってカラフル
な服を着た女性たちが大勢派手に
踊っている中にふてニャンが座らされています。

WS000001

このときのふてニャンの状態が、
目が泳ぎ、周囲を見回して・・
どうしたらいいのか・・という
表情をしているように見える!

っとネット上で猛批判の声が
上がっているのです。

WS000004

スポンサードリンク



出展:http://matome.naver.jp/odai/2144609021201142401

そしてこのCMに怒り心頭なのは
動物保護団体の一般財団法人
クリステル・ヴィ・アンサンブル
の設立者である滝川クリステルさん
もということで話題になっていますね・・

 

滝川さんは、CMを見るたびに
「セットを壊したくなる!」と
言うほど自分のことにように苦痛を
感じておられ、抗議を申し込む
可能性まで示唆されています。

 

確かにやりすぎではありますね~
このCMの撮影自体がどのような
形態で行われたのか分かりません
が、この映像の通りにその場で
すべてが撮影されたのでしたら
虐待と言われても仕方ないでしょうね・・

WS000005
出展:http://momosan.hateblo.jp/

ワイモバイルのCM内容もだんだん
エスカレートしてきてますもんね・・

 

最初は素のままの春馬くんで出演
してましたが、その後かぶりもの
系も多くなり、身体を拘束されて
いる感が目立ってきていましたしね・・

 

そして今回のこのディスコ編では
すべての状況が猫にとって最悪の
環境であることは言うまでもありません。

 

逆に良くぞここまで猫の嫌がる
ものを揃えたな・・と感心する
くらいですね・・

 

春馬くんが大人しいからと言って
猫と言う動物の生態を全く無視
しているのでしょう企画側は・・

考えてないですよね・・

 

メーカー側の人間にとっては
面白いCMができあがればそれで
いいのでしょうから、猫という
動物のことまで考えないのかも
しれません・・

しかし、その猫の所属先である
プロダクションは動物のプロで
あるはずです。

 

そのプロがこのような撮影を許可
したことに私は問題があると思います。

WS000006
出展:http://urabanashi813.blog.fc2.com/

いくら、タレント猫で大人気で
稼いでいるからと言ってその猫
を守るのがプロダクションの仕事
でしょう・・

 

撮影の内容を聞いて断ることも
できたでしょうし、変更をお願い
することもできたはずです。

 

このCMで問題視されているのは
春馬くんの置かれている環境による
ストレスもさることながら、一番は
照明の問題です。

 

猫は瞳孔の大きさが変わる・・
夜目が利く・・というのは有名
な話ですが、これは逆に明るさ
は苦手ということでもあります。

 

猫の目は、暗い場所では光を多く
取り込むように瞳孔を
大きく見開き、
明るい場所では光が入り過ぎない

ように、細く縮めて調節しています。

猫の目のしくみについてはこちら>

 

つまり、夜でも良く見える猫の目は
非常に敏感で、ライトなどの強烈な
光に弱く、真っ暗闇で突然フラッシュ
撮影をしたりすると失明してしまう
危険があるとも言われるほどです。

 

ですから、猫カフェなどでも猫の
撮影の際はフラッシュ禁止!と
されていますよね・・

 

猫を扱うプロであればそんなの
当然知っていることです。

 

また、猫の瞳孔は緊張や不安に
よっても変化します。

 

つまりそのような状況にあれば、
本来なら瞳孔を縮めなければいけな
い光に対しても瞳孔が開きっぱなし
になってしまうということでもあります。

 

実際に流れているCMの時間は30秒
ほどですが、撮影となれば何十倍
もの時間を使っているでしょう・・

 

それなのにどうしてそんな撮影を
許したのか・・?
もはや春馬くんは金を稼ぎ出す商品
でしかないのか・・・?

 

今後、猫ブームが過熱するに従い
このような猫の生態を無視した
ひどい行為が行われるようになる
のでは?という不安がよぎります・・

 

ブームが引き起こす弊害は直に
なんの罪もない猫たちに災難と
して降りかかっていくのでしょうか・・

 

ここはしっかりと抗議をして春馬
くん所属の動物プロダクションに
もしっかりと反省してほしいですね。

 

スポンサードリンク







関連記事

  1. 猫イベントGW!大人気のねこ休み展が千葉の柏にやってくる!
  2. ネコマート大阪梅田で「にゃつまつり2016」コラボ企画満載!
  3. ドコモのペット保険!窓口負担額や限度額,掛け金や加入方法は?
  4. 大阪のミニシアター「シネ・ヌーヴォ」でねこ映画特集2016♪
  5. セカオワの新曲!犬猫の殺処分ゼロ支援のプロジェクトとは?
  6. 岩合光昭写真展ネコライオンが三越本店で開催!館内も猫まみれ!
  7. 保護猫活動に大阪市獣医師会が取り組み!子猫リレー事業!
  8. ニャンフェス開催!大人気の猫雑貨まみれのイベントとは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

にゃねっと無料会員登録

ねこタワー

犬と猫の救急箱

天然バイオ消臭剤「猫ピタ」

ねこのきもち

ねこのきもち

ペット保険一括見積もり

猫のニュース・エンタメ(海外)

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

猫の種類

PAGE TOP