猫のニュース・エンタメ(国内)

ペットビジネスの闇!空前の猫ブームの裏ではびこる引き取り屋!

ペットビジネスの暗い深い闇とは?

 

空前の猫ブーム。
世の中が猫であふれています。

 

表面上はとても幸せな猫ブームです。
猫好きにはたまらないですよね。
しかし、その裏側では信じたくない恐ろしい
現実があるのをご存知でしょうか?

スポンサードリンク


テレビを付けても、映画館のスクリーンでも
PCを開いても、いつでもどこでも猫の話題で
持ちきりですね。

 

招き猫福猫と言わんばかりの看板猫の
存在によって観光客が増えている地域も
あります。

 

猫がもたらす経済効果は、ネコノミクス
とも呼ばれ、華々しく盛り上がっていますよね。

 

しかし、「光」があれば「闇」があるのが
現代のビジネスなのでしょうか・・

 

これは何の仕事に関しても言えることかも
しれませんね。

 

ただしペットビジネスは生体を扱うものです。
商品はモノではなく命あるものです。
闇があっていいわけがない。

WS000000

引き取り屋とは?

 

ペットショップやブリーダーなどの流通過程
において売れ残った犬猫や繁殖能力の衰えた
繁殖犬、猫を有料で引き取るビジネスを行う
のが「引き取り屋」です。

 

そして、この引き取り屋のビジネスが横行、
活発化しているのです。

 

この背景には、2013年9月に改正された
動物愛護法が関係しています。

 

改正動物愛護法では、ペットショップやブリーダー
などからの犬猫の引き取り要請を保健所などの
各自治体は断れるようになりました。

 

これは自治体における犬猫の殺処分数を減らす
ことが目的であり、さらに犬猫等の販売業者
にも生涯飼養の確保を図ることを義務付ける
ものであったのです。

 

至極当然のことですよね。
そんな当たり前のことすら繁殖業者はして
いなかったのか?ということに驚きもあると
思います。

 

ペットビジネス業界の裏側は一般には
あまり知られていませんでしたからね。

 

つまり、売れ残ったり、繁殖に使えなくなった
犬猫は当たり前のように保健所に送られ、
その多くは殺処分されていた・・ということです。

 

これが改正動物愛護法によってできなくなった
わけです。

 

だからと言ってもともとこのように犬猫を
扱っていた業者がお金を生み出さない犬猫に
飼育費用をかけるわけがありません。

 

売れ残りの子犬、子猫とは言えない成長した
犬猫や、子供を産めなくなった犬猫は、ただ飯を
喰らうだけの邪魔な存在になるわけです。

 

そして行き着く先が「引き取り屋」です。
そしてそこは犬猫にとっては地獄のような
墓場なのです。

 

人間によって生み出され、人間が好きで信じて
生きてきた動物たちがその人間の手によって
地獄に送られるのです。

WS000001

スポンサードリンク


引取り屋の実態とは?

 

引取り屋は、不要になった犬猫を1匹あたり
数千円~数万円ほどの費用をもらい引き取り
ます。

 

そして引き取られた犬猫のほとんどが劣悪な
環境で飼い殺しにされ、一生を終えていくのです。

 

栄養失調や病気、ストレスから多くの犬猫は
長く生きることはできないでしょう。
殺されているという言い方がピッタリです。

 

その実態はひどいもので、満足な食事ももらえず
最低限必要な世話もしてもらえず、病気になって
も当然放置です。

 

汚物の溜まったゲージの中で飼い殺しに
されるのです。
硬い冷たい皮膚にくい込む金網の上で、苦痛に
耐えながら、かろうじて生かされるのです。
まさに動物虐待の最たるものです。

 

さらに、あまりにも頭数が増えたり、
面倒になると、山の中などに捨てに行く業者
も多くいます。

 

何度かニュースでも取り上げられましたが、
犬の大量遺棄、大量死体が見つかった事件や、
猫の大量遺棄もありましたね。

 

考えるだけで怒りがこみ上げてきます。
涙が出てきます。

 

そして、これまではこの多くが犬でした。
猫ブームの今、ペットショップでも子猫が
多く売られるようになっています。

 

以前は犬が8割、猫が2割程度でしたが、
現在は半々くらいになってきていることろが
多いですね。

 

それだけ、猫に需要があると思われ、多くの
ブリーダーがここぞとばかりに猫の繁殖を
繰り返していると言うことです。

 

売れ残った猫はどうなるのか・・
考えるだけでもぞっとします。

WS000003

日本のペットの法律

 

そもそもなぜこのようなことが横行している
のか?

 

環境省は悪質ブリーダーや業者の撲滅に向けて
本腰を入れ始めたようですがまだまだ甘すぎますね。

 

このような輩は監督指導以前の問題です。
動物をゴミのように扱える精神構造の人間に
何を言っても無駄でしょう。

 

いくらでも抜け道を探し、さらなる暴挙に出る
でしょう。

 

何が問題って、日本の法律ではペットはモノです。
動物愛護法も非常にあいまいな規定で緩すぎます。

 

だからこんな悲しい事件はなくならないのです。
犬も猫も1万年以上前から人間に寄り添い
生きてきた動物です。

 

愛玩動物と呼ばれ、家族の一員として人間社会
で幸せに生きるために少しづつ進化を重ねて
人間の暮らしに馴染んできた動物です。

 

ペットブームと言われ、我が子のように犬猫を
可愛がる人が多くいる一方、日本はペットに
関しては確実に後進国です。情けない。

 

ペットフード業界のずさんさを見てもそれは
顕著に見えてきますね。

 

このペットビジネスの闇から不幸な動物たちを
救うためにも、ペットに対する法改正が望まれる
のは言うまでもないことです。

 

そしてそれは、日本がペットに対して優しい
国に生まれ変わることであり、みんなが幸せに
なるということでしょう。

 

「猫が幸せになれば人も幸せになり、
地球も幸せになる」

 

カリスマ動物写真家の岩合光昭氏の言葉です。

 

日本が幸せになるのはいつになるのだろうか・・

 

 

スポンサードリンク







関連記事

  1. 名古屋パルコでねこ休み展!秋冬新作の写真&グッズが集結…
  2. 2月22日猫の日はかわいい癒され動画で悶絶&出世!?
  3. 岩合光昭写真展!大分のトキハ本店にて開催~全館猫まみれに!
  4. 年末年始もネコまみれ!岩合光昭写真展の開催地や日程は?
  5. 犬も馬もフクロウも亀も!猫と友達たちのカレンダーがほっこり!
  6. 猫だらけの電子書籍!もふもふっ癒しの猫フェア最大50%off!
  7. 猫×メガネホルダー×カレンダーのスペシャルコラボにゃっ!
  8. 岩合光昭写真展が全国17ヶ所で開催!オリジナル猫グッズも!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

にゃねっと無料会員登録

ねこタワー

犬と猫の救急箱

天然バイオ消臭剤「猫ピタ」

ねこのきもち

ねこのきもち

ペット保険一括見積もり

猫のニュース・エンタメ(海外)

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

猫の種類

PAGE TOP