症状から見る猫の病気

猫の赤い目やには病気?正常な目やにとの違いや見分け方は?

猫の目やにから見る病気

 

猫は顔の面積の割に目がとても大きいです。
それが猫の特徴的な可愛さでもあるのですが。

 

そのため、猫を見るとき一番に目が行く
場所でもあり、ゆえに目やにも目立ちやすい
ですよね。

スポンサードリンク


猫の目やにには、問題のない正常な目やに
病気によるものがあります。

 

また、個体差もあり、ほとんど目やにの出ない
猫さんもいますね。

 

「目やに」は、目から出る分泌物で、結膜や
角膜上皮から分泌されている粘液に涙や血管
から漏れた血液細胞、まぶたからの老廃物、
ホコリなどが混ざってできます。

 

正常な目やにとは?

 

特に猫さんが目を気にして痒がったり、
痛がったり、気にしている様子もなく、
赤っぽい~茶褐色の目やにが少量出ている
ような場合は正常な新陳代謝によるもの
心配はありません。

 

特に寝起きなどに目やにが付いている場合が
多いですよね。

 

ただし、目やにが溜まって常に付いている
状態だと、その下の皮膚がただれてしまうことが
あるのでこまめに優しく拭き取ってあげましょう。

 

WS000002

異常がある目やにとは?

 

猫には、異常な目やにや多量の涙、血の
混じった涙など、病気による原因で発症する
目の症状は非常に多いです。

 

また、病気だけでなくケンカなどによる外傷
アレルギーなどによる場合もあります。

 

明らかに目やにの量が増え、血や膿が混ざった
粘液状のものや、黄色~緑色のドロっとした
目やにや、多量の涙を伴った目やなどは何らかの
病気の症状によるものです。

 

そして、猫に多いのがウイルス疾患によるもの
です。いわゆる猫カゼと言われるカリシウイルス
ヘルペスウイルスクラミジア感染症などです。

 

これらの病気により結膜炎などを発症し、
異常な目やにや流涙などの症状を起こします。

 

そして結膜炎が悪化するとさらに重い目の
疾患などになる可能性もあります。

 

これらのウイルスの場合は、両目に症状
現れます。
また、目の症状以外にも鼻水やくしゃみなど
の症状を伴うことも多いため、比較的分かり
やすい病気です。

 

その他、外傷などによって角膜に傷が付いた
している場合、花粉症などによるアレルギー
なども考えられます。

 

外傷や異物混入などによるものの場合は
片目のみに症状が出ることが多いです。

 

また、猫さんが目を気にして引っ掻いたり
していないか?目をショボショボさせて
いないか?痛がって閉じてしまっていないか?
などを注意して観察することが大事です。

 

猫さんの場合は目に違和感や不快感があると
自分で引っ掻いてしまい、さらに症状を悪化
させたり傷を作ってしまうことがあるため、
早めの受診を心がけましょう。

スポンサードリンク


以下は、猫の目やにで考えられる主な病気です。

 

<猫のカリシウイルス感染症>

猫の鼻水やくしゃみ、目ヤニなどの症状
多くがカリシウイルス感染症によるものです。

ウイルス性鼻気管炎と同様、インフルエンザのような
部類に入る病気です。

 

<猫のウイルス性鼻気管炎>

猫風邪と言われる、猫の代表的なウイルス疾患
一つが、ウイルス性鼻気管炎です。
ヘルペスウイルスの感染によって発症します。

猫では非常に多い病気で、この病気にかかったこと
がない猫はいないのでは?と言えるくらいの感染率
です。

 

<猫のクラミジア感染症>

クラミジアは細菌とウイルスの中間に位置する
病原体で、人畜共通の感染症の一つです。

一度感染をしてしまうと病原体は全身に存在する
ので、分泌液便中にもクラミジアを排出して
しまいます。

 

<猫の緑内障>

目の眼圧が高くなり、視覚障害を起こす病気です。

眼圧は、「眼房水」という分泌物の排出により
保たれていますが、この眼房水の量が何らかの
原因でうまく循環できなくなると目の中に水が
溜まってしまい、眼圧が上がってしまいます

 

<猫のぶどう膜炎>

ぶどう膜とは眼球の中の血液が通う部分、
瞳の周辺を中心にした組織
(虹彩、毛様体、脈絡膜)のことです。

何らかの原因で、これらの
ぶどう膜の一部、または全体に炎症が起きる
病気です。

 

<猫の眼瞼内反症>

猫の眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)
は、まぶたが内側に反り返って、目に入り
込んでしまっている状態です。

まぶたまぶたの毛が、中に入り込むことで、
目の表面に当たり、刺激になることで、
さまざまな症状が現れる病気です。

 

<猫の角膜炎>

角膜は、目の一番表面を覆う透明な膜のことです。

角膜炎は、ホコリなどによる角膜への物理的刺激
や、ウイルス、真菌、細菌などの感染が原因で
炎症を起こしてしまう病気です。

 

<猫の結膜炎>

結膜炎とは、まぶたの裏側にある結膜が炎症を
起こす眼の病気です。

結膜炎にかかると、目やにが出て、
ひどい場合はまぶたが閉じて開かなくなることも
あります。

WS000007

スポンサードリンク


猫の目の疾患は早期の治療が大事です。
治療が遅れると最悪の場合失明してしまうこと
もあります。

スポンサードリンク







関連記事

  1. 猫の吐き気!大丈夫なのか病気の可能性なのかの見極め方は?
  2. 猫の皮膚がピクピクと痙攣するのはなぜ?考えられる原因とは?
  3. 猫にかさぶたができるのは病気?怖い皮膚がんの可能性も!
  4. 猫の声が出ないのは病気?鳴き声がかすれる原因や症状!
  5. 猫の口の中(口内)、歯茎のできもの!原因や考えられる病気!
  6. 猫の耳の外側のできもの,かさぶた,黒いなどで考えられる原因!
  7. 猫の呼吸が浅い、早いときに考えられる原因や病気とは?
  8. 高齢の猫に見られる皮膚の老化や異常!その原因や対処法は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

にゃねっと無料会員登録

ねこタワー

犬と猫の救急箱

天然バイオ消臭剤「猫ピタ」

ねこのきもち

ねこのきもち

ペット保険一括見積もり

猫のニュース・エンタメ(海外)

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

猫の種類

PAGE TOP