猫の飼育について

猫の飼育にかかる費用は月額いくら?必要な維持費や急な出費!

猫を飼うということ

 

猫は、手がかからないから楽に飼える・・
などと言われて、安易に猫を飼う人が増えて
います。

 

確かに、猫は犬に比べ自立した動物ですので
手はかかりません。
散歩も必要ありません。

スポンサードリンク


犬のように無駄吠えの心配もないですし、
基本的に大人しい動物です。

 

比較的長く留守番させることもできますし、
一人暮らしで日中留守な場合などには、犬よりも
飼いやすいとは言えます。
また、猫好きにはたまらない可愛さで私たち人間
を癒してくれます。
癒しを求めて、猫を飼う人も多いですよね。

 

しかし、当然ですが猫は生き物です。
生き物を飼うのは少なからず、手間もお金も
かかります。

 

また、生き物を飼うということは、ある意味贅沢
ことです。
贅沢をするには、ある程度の金銭的余裕がなければ
できないことです。

 

そこをちゃんと考えて飼わないと、
いざ病気になったときにお金がなくて病院に
行けない・・などの問題が出てきます。
WS000001

猫の飼育にかかる費用(維持費)

 

猫を飼うのにかかる費用・・と言っても
それは、飼い方によって大幅に変わってきます。

 

最低限、必要なものとしては、キャットフード
とお水、トイレ(トイレ砂)です。

 

しかし、この最低限必要なキャットフード
しても、価格はピンキリです。

 

一番安いものであれば、一ヶ月分でも数百円
ものもあります。
高価なものであれば、その10倍~です。

 

何が違うのか・・それはもちろん品質です。
キャットフードは安ければ安いほど、とても
食べさせたくないような驚くような粗悪な
原材料で作られています。

 

当然、栄養バランスも悪く、猫の体の健康の
ことは一切考えられていないため、そのような
フードを与え続けると、早い段階で尿石症など
の病気になることが非常に多いです。

 

そのようなキャットフードが売られていることも
問題ですが、個人的には絶対にやめてほしいと
思います。

 

猫の健康に一番大事なキャットフードをどう
考えるかは個人の自由ですし、考え方にもよる
と思います。

 

しかし、キャットフードは当然、必ず必要な維持費
になりますので、じっくり考えられることをオススメします。

 

平均的にはキャットフード代として
1ヶ月4.000~5.000円ほどかける方が多いようです。

 

猫砂は安いものでも高いものでも、さほど金額の
差はないです。
使う量にもよりますが一ヶ月1.000~1.500円ほどです。

 

その他、猫じゃらしなどのオモチャや爪とぎ
必要ですから雑費として月1.000円ほどはかかります。

 

最低限必要な維持費としては、このくらいです。
しかし、大事なのは病院代などの急な出費です。

WS000002

スポンサードリンク


スポンサードリンク


予防接種や病院代

 

子猫から飼うのか、成猫を飼うのかによっても
変わりますが、基本的に猫に必要な予防接種は
年に一回です。

 

飼育環境によって、必要な予防接種の種類も
変わってきますが、完全室内飼いであれば
3種混合ワクチンで大丈夫だと思います。

 

病院によっても金額は変わりますが平均で
4.000~5.000円です。

 

お外に出る猫さんの場合は、その他の種類も
必要になってきます。
また、ノミなどの外部寄生虫や、回虫などの
腸内寄生虫の予防も定期的に必要になるため、
費用もかかります。

 

その他、猫さんが、体調を壊したとき、
下痢や猫カゼなど・・その都度、病院代が
かかります。

 

動物の場合、病院代は高いです。
数千円~10.000円は普通にかかります。

 

ペット保険に入っておくのもいいと思います。
保険によってもさまざまですが、病院代が半額
なるものが多いです。

 

月額は年齢にもよりますが1.000~2.000円
が一般的です。

 

個体差はもちろんありますが、若い猫さんで
完全室内飼育で、中身のしっかりしたキャット
フードを与えていれば、病気は少ないです。
*先天性の病気は除く

WS000004

上記のようなことから考えても、一ヶ月に必要な
費用として、1万円ほどは覚悟してほしいと思います。

 

もし、余れば猫さんの老後(老齢になると病気は
増えます)に向けて猫さん貯金をしてもいいですし。

 

最低限、そのくらいの余裕は必要だと思います。

 

また、猫は与えるキャットフードによって、
病気をする可能性も高くなります。

 

安い粗悪なキャットフードでは、猫さんの健康は
保てません。食は基本です。
猫の体は食べたものからしか作られません。

WS000003

個人的な意見ですが、限られた維持費用で
猫の飼育を考えるのであれば、何よりも食事
(キャットフード)にお金をかけるのが一番です。

 

保険よりも何よりも食事が大事です。
そして、結果的にはそれが病気を防ぐことにも
なり、病院代の節約にもなります。
保険に入る必要性も減るのです。

もちろん、猫さんに病気で辛い思いをさせなくて
すむことにもなります。

 

猫は、人間や犬と違い、完全な肉食動物です。
必要とする栄養の種類や量もまったく違います。

 

そのため、キャットフードは栄養組成の
しっかりしたものを選ばないと、猫の健康は
維持できないのです。

 

どうか、食事にだけは注意してあげてください。

 

猫を飼おうと考え中・・
また猫を飼い始めた・・
そんなときは色々と分からないこと
も多く、不安もいっぱいですよね。

 

まず、猫という動物を漠然としか
分かっていない・・ということも
多くあり、それによって飼い始める
と何で?なんて困ってしまうこと
もあるんです。

 

でもそういうときも猫の生態が
分かっていれば割と謎は解けるし、
不安も解消されて安心できるもの
なんですよ!

 

ですから、猫を飼いたい、飼おう
と思っているならまず猫のことを
知ることが大事です。

 

猫は当然人間とも違う、
もちろん犬ともまったく違う
動物ですから。

 

猫は知れば知るほど面白い動物
ですしね~^^

 

今は、猫系の雑誌などの書籍も
さまざまなものが販売されています
のでどれがいいのかな~?なんて
迷ってしまいますよね。

 

私が見たところによると、
やはりオススメは『ねこのきもち』
ですね~
ねこのきもち

猫を初めて飼った方や、猫のこと
に詳しくない方にでも、非常に
分かりやすく説明されていますし。

 

もちろん長年、猫を飼って
いらっしゃる方でも楽しめます♪

 

色々な人間目線からの猫のことも
書かれていますので、継続して
読んでいけばとても詳しくなれますよ!

 

また、お悩み事や困り事などに
対しても細かく書かれていますので
安心できると思います。

 

そして、病気かな?・・
などの心配事なども直接獣医さん
に電話で相談できるサービスが
あるのがいいですね!

 

さらに、可愛い猫さんがいっぱい
で楽しくなっちゃいます。
これ大事ですよね^^

 

そして、猫好きにはたまらにゃい
かわいい付録がついてくるのも
うれしいかぎりです^^

 

猫と楽しく暮らすためにも・・
病気の予防・早期発見のためにも
猫のこともっといろいろ知りたいな
と思ってらっしゃる方にはホント
いいと思いますよ!

 

毎月定期購読で申し込むと少し
お得ですし^^
けっこう届くのが楽しみですしね^^

『ねこのきもち』はこちらから申し込みできますよ♪

 

<関連記事>

ws000005猫の方が犬より飼育費用が安いというのはウソだった!?

WS000001愛猫を病気にさせない!健康で長生きできるキャットフード!

WS000007キャットフードが猫を病気にする?尿石症や腎不全などの関連は?

WS000008猫に必要な栄養素とキャットフードの矛盾!炭水化物は不要?

 

スポンサードリンク







関連記事

  1. 猫の粗相はトイレが原因かも?猫目線で考えて解決してみよう!
  2. 猫が毛玉の部分を痛がる,触ると怒る!お手入れや対策法は?
  3. 猫の方が犬より飼育費用が安いというのはウソだった!?
  4. 子猫を保護したら?授乳や排泄など育て方~成長するまで!
  5. 猫の去勢手術!エリザベスカラー装着期間は何日?注意点とは?
  6. 猫が病気を隠すのはなぜ?野生の名残りからくるその理由とは!
  7. 猫は飼いやすい・飼育が楽って本当?実は大きな間違いだった!
  8. 猫の飼い方!夏の室内での注意点!外出時や留守中などは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

にゃねっと無料会員登録

ねこタワー

犬と猫の救急箱

天然バイオ消臭剤「猫ピタ」

ねこのきもち

ねこのきもち

ペット保険一括見積もり

猫のニュース・エンタメ(海外)

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

猫の種類

PAGE TOP