尿・便の異常

猫の尿漏れは病気?考えられる原因や猫に多い泌尿器疾患!

猫に多い泌尿器トラブルとは?

 

猫は、下部尿路疾患と言われる
泌尿器系の病気が非常に多いです。

 

まさに「猫は泌尿器の病気は宿命」
とも言われるほどです。

 

これには、猫の生態が大きく
関わっています。
猫の祖先のリビアヤマネコは
砂漠に生息していました。

 

 

スポンサードリンク


 

砂漠のような、水がほとんどない
ところでは、水を飲む量が少なく
ても生活
できるよう、水分を無駄に
しないため、濃縮したオシッコ
作るようになります。

 

この生態をそのまま引き継いで
いるため、猫は今でも水分摂取量
も少なく、オシッコも濃い状態
なので、尿石症や膀胱炎などが起こりやすいのです。

 

また、それに伴い腎臓にも負担を
かける
ため、腎不全も多いのです。

 

尿漏れの原因は?

 

一概に尿漏れと言っても、
その量や仕方によってトイレ以外の
ところでオシッコをしてしまう粗相

なのか、それともチビる程度に
漏らしているのか?によっても原因
は変わります。

 

猫の少量のオシッコをトイレ以外
のところにしてしまう原因としては、

・膀胱炎などでオシッコが我慢できずに漏らしてしまう

・マーキング(匂い付け)

があります。

WS000002

 

例えば、膀胱炎などの場合は、
何らかの要因により膀胱が炎症を
起こしている状態なので、
オシッコが溜まってなくても、
常に残尿感があり、オシッコを
したくなる状態になります。

 

そのため、トイレまで我慢できず
に漏らしてしまう
状況もあります。

 

この場合は当然、膀胱には
オシッコはほとんど溜まって
いないため、出ても少量(数滴ほど)です。

 

また、この逆もあり、
尿石症などで尿道閉塞を
起こしている場合は、
オシッコを出したくても出ない
状態で、それでもきばって
数滴漏れる程度に出るといった
感じになる状態です。

 

この場合は、非常に危険で命に
関わるため、
緊急の治療が必要になります。

 

スポンサードリンク


 

また、少量ではなく、
通常の量のオシッコをトイレ
以外でしてしまう粗相の場合は、

・トイレ環境の問題

・何らかのストレス

・多尿症状を伴う病気の可能性

・認知症

などが考えられます。

WS000006

猫の尿漏れ症状が見られる
可能性のある病気

 

猫の尿漏れ症状は、
直接の膀胱炎に関わるもの
あっても、内臓疾患などによる
多尿症状
のためであっても、
何らかの病気であることに変わりは
ありません。

 

尿検査と場合によっては
血液検査で診断はつきます。

早めの受診が大事です。

 

<猫の膀胱炎>

スポンサードリンク


 

膀胱炎は、尿道から入った
細菌が膀胱で
炎症を引き起こすことで発症します。

 

また、メス猫の方がオス猫より
も尿道が短く、
細菌が膀胱に
侵入しやすいため、膀胱炎に

かかりやすいです。

猫の膀胱炎の原因や症状は?治療と治療費は?

 

<猫の特発性膀胱炎>

 

猫に多い下部尿路疾患には
さまざまな原因がありますが、
そのうちの6割を占めるのが
特発性膀胱炎です。

 

特発性膀胱炎は、尿石や細菌感染
が認められない
原因がよく分からない膀胱炎です。

ws000004猫の膀胱炎(特発性膀胱炎)の原因と症状は?治療や治療費は?

 

<猫の尿石症>

 

腎臓や尿管、膀胱に結石が
できる病気
でこの結石が
刺激になり、膀胱に炎症を起こします。

 

また、尿石が尿道につまり、
尿道を閉塞してしまい、オシッコ
の排泄ができなくなる
ことで、
尿毒症や急性腎不全になることもあります。

ws000006猫の尿石症・尿毒症は命にかかわる?原因や治療は?(前編)

 

 

<猫の慢性腎不全>

 

腎臓の組織が少しづつ、
壊れていって、機能不全になり、
全身に毒素が回り(尿毒症)

死に至る怖い病気です。

 

慢性腎不全は飼い猫の死因のトップ
挙げられます。

猫の慢性腎不全!初期に分かりやすい症状や治療法は?

 

<猫の甲状腺機能亢進症>

 

猫の甲状腺機能亢進症は
甲状腺ホルモンの過剰分泌
によって起こる病気です。

 

特に10歳以上をすぎた猫に
起こることが多いです。

 

特徴的な症状として、
食欲増進落ち着きがなくなる
(逆に元気なったように見える)
があります。
また、多飲多尿も見られます。

猫の甲状腺機能亢進症の原因や症状、治療と治療費は?

 

<猫の糖尿病>

 

糖尿病は、インスリンの分泌量低下
遺伝的要因など
で、インスリン
を十分に作れなくなり、その結果
血糖値が異常にあがる病気です。

 

中年~高齢期の肥満傾向のある
猫が発症
しやすい特徴があります。

 

糖尿病も状態によって、
症状も色々ですが、主に見られる
のは多飲多尿で、病気がだんだん
進行していくと食欲不振も見られます。

猫の糖尿病(1)費用が心配!治療や治療費と原因や症状は?

 

<猫の認知症>

 

猫にも近年、人間と同じように
認知症が増加してきています。

 

猫の認知症は、加齢によって、
脳が萎縮し、脳神経
細胞が正常に
働かなくなって、認知障害などが

起こる状態のことです。

猫の認知症(痴呆)が増えてきている!症状や原因と対処法!

 

 

その他、心因性のストレスや、
マーキングも可能性としては
考えられるため、まずは病気
がないかを確認するために検査をしましょう!

 

<関連記事>

WS000013猫の尿検査に必要なオシッコを家で上手に取る方法を紹介!

WS000001愛猫を病気にさせない!健康で長生きできるキャットフード!

 

スポンサードリンク







関連記事

  1. 猫のおしりから膿が出ている!考えられる原因や病気とは?
  2. 猫の毛玉は放置すると皮膚炎や病気を引き起こす可能性も!
  3. 猫が痒がる!春から夏に多くなる皮膚の病気や対処法は?
  4. 猫の口内炎の原因や症状と治療や治療費は?よだれや口臭!
  5. 猫の目の異常?瞳孔が開く症状で考えられる原因や病気は?
  6. 猫の目の瞬膜が突出している!考えられる原因や病気は?
  7. 猫の吐き気!大丈夫なのか病気の可能性なのかの見極め方は?
  8. 高齢の猫に見られる皮膚の老化や異常!その原因や対処法は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

にゃねっと無料会員登録

ねこタワー

犬と猫の救急箱

天然バイオ消臭剤「猫ピタ」

ペット保険一括見積もり

猫のニュース・エンタメ(海外)

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP