症状から見る猫の病気

猫がしきりに頭を振るのはなぜ?原因や考えられる病気とは!

猫が頭をブルブル振る!?

 

猫は通常、痒みや痛みなど気になるところ
ある場合は、前足や後ろ足で引っ掻いたり、
自分で舐めたりします。

 

つまり、その猫が頭をしきりに振る場合は、
足で引っ掻いたり、自分で舐めたりする
ことができない耳の中や頭の中の異常
考えられます。

スポンサードリンク


 

原因としては、さまざま考えられますが、
主なものとしては、

<耳の異常>

猫に多いのが、耳ダニや細菌感染などにより
起こる外耳炎などの耳の病気です。

外耳炎を起こす原因にもよりますが、激しい
痒みや、痛み、違和感などを伴うため、
頭をふる症状がよく見られます。

 

この場合は、頭をふる行動以外にも耳を痒がって
引っ掻いたり、耳アカが大量に出たり、耳だれ
したりなどの症状が見られます。

 

また、異物混入によっても同様の症状が見られます。

cat-1216090_640

<脳の異常>

脳炎脳腫瘍などが原因となって、神経症状
見られたり、頭をふったりする症状が起こります。

この場合は、歩き方がおかしくなったり、目が
揺れたり、頭が傾いたままになったり(斜頚)
ふらふらしたりなど、さまざまな症状が現れます。

 

<中毒症状>

なんらかの中毒物質を食べたり舐めたりした
場合に、中毒症状の一つとして、頭をふる行動
が見られることがあります。

 

この場合は、他に、嘔吐や下痢よだれなど
の症状が出ることがあります。

WS000004

スポンサードリンク


スポンサードリンク


その他の症状や異常をチェック

 

猫が頭をふる行動が見られたら、以下のことを
しっかりと観察しましょう。

・耳の中の汚れや匂いのチェック

・痒がって引っ掻いていないか

・耳たぶが腫れていたり変形していないか

・耳は聞こえているか

・歩き方や行動に変化はないか

・交通事故など、外傷はないか

・元気、食欲はどうか

・下痢や嘔吐など他の異常はないか

などをチェックして、動物病院で伝えるように
するといいですね。

WS000000

考えられる病気

 

猫がしきりに頭をふる行動をする場合に
考えられる病気として主なものは、

<耳ダニ>

猫の耳の病気で多いのが「ミミヒゼンダニ
の寄生による耳ダニ症です。

黒い耳垢がたくさん出てきて、激しい痒み
をともなう場合は、耳ダニだと思ってほぼ
間違いないでしょう。

 

<外耳炎>

猫の外耳炎は、耳の中の外耳道の部分が
何らかの原因により、炎症を起こして、痒みや
痛みを伴ったり、異常な耳アカなどの症状が
現れる病気です。
外耳道は、耳の穴から鼓膜までの部分で、
垂直耳道水平耳道があります。

この片方、もしくは両方炎症を起こします。

 

<中耳炎>

猫の中耳炎とは、耳の鼓膜の奥にある「中耳」
に炎症が起きる病気です。

中耳炎の多くは、外耳炎が進行して鼓膜や
鼓膜の奥にまで炎症が広がることにより
起こります。

 

<内耳炎>

猫の内耳炎とは、耳の鼓膜の奥にある「内耳」
に炎症が起きる病気です。

内耳は、鼓膜の奥の「中耳」のさらに奥に
あり、聴覚を司る蝸牛器官平衡感覚を司る
前庭器官三半規管などがある部分です。

 

<耳血腫>

猫の耳血腫(じけっしゅ)は、耳介(じかい)の
軟骨が何らかの原因によって、折れ曲がったり、
亀裂が入ることで、耳介の内部で出血し、血が
溜まった状態になり、耳が腫れてしまう病気です。

耳介(じかい)は、いわゆる耳たぶ全体のこと
で、皮膚と軟骨によって形成されています。

 

<中毒>

猫の中毒とは、何らかの薬物や化学物質、
食べ物などを食べたり、舐めたり、吸い込んだり
して、体のどこかに機能障害を生じた状態のこと
を言います。

人間は大丈夫でも猫は身体が小さいので、
少量の物でも中毒を起こす可能性があります。

 

<脳炎・脊髄炎>

猫の脳炎や脊髄炎は、なんらかの原因によって、
脳とそれを包む髄膜、さらには脊髄にまで炎症
を起こす病気です。

その多くは、細菌真菌ウィルス寄生虫
などの感染によるものです。

 

<耳の異物混入>

外耳道に異物が混入することで、
頭をよく振ったり、引っ掻いたりする症状
現れます。

猫の耳は、垂直耳道水平耳道の2種類から
できていて、一度異物が入り込むとなかなか
出にくい構造をしているのです。

WS000006

 

犬では、健康な子でも頭や全身をブルブルふる
行動がわりとよく見られますが、この行動は、
健康な猫では、まずしない行動です。

 

猫が頭をしきりにふる行動はなんらかの異常や
病気があります。

 

耳の病気も進行すると脳にまで影響を及ぼす
ことも多くあります。

早期発見・早期治療を心がけましょう。

スポンサードリンク







関連記事

  1. 猫の目がただれている!考えられる原因や病気とは?
  2. 猫の誤飲癖、異食症の原因や対処法と他に見られる異変とは?
  3. 猫の腹部(おなか)にできもの!症状や考えられる病気は?
  4. 猫の目の瞳孔!左右の違い・非対称の原因や考えられる病気!
  5. 猫の食欲がありすぎ!病気の可能性や考えられる原因とは?
  6. 猫の便秘の原因?猫の巨大結腸症の原因や症状と治療や治療費は?
  7. 猫が痒がる!春から夏に多くなる皮膚の病気や対処法は?
  8. 猫のおしりから膿が出ている!考えられる原因や病気とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

にゃねっと無料会員登録

ねこタワー

犬と猫の救急箱

天然バイオ消臭剤「猫ピタ」

ねこのきもち

ねこのきもち

ペット保険一括見積もり

猫のニュース・エンタメ(海外)

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

猫の種類

PAGE TOP