症状から見る猫の病気

猫の目やにと涙!原因や考えられる病気の可能性と対処法!

猫の目やに・涙はどうして出る?

 

猫のさまざまな病気の中で最も多い症状は、
目やにだと言われます。

 

そのくらい、猫にとって目やにや涙の症状は
起こりやすい病気ということです。

 

一番気づきやすい症状ということも
あるかもしれませんね。

 

猫さんの顔を見るときに一番に見る場所
ですものね・・目は。。

スポンサードリンク


目は、涙で守られています。

涙の中には、水分や油分・粘液が含まれていて、
それらが層になって目を守っています。

 

この粘液に、代謝による古くなった細胞や
目に入ったゴミなどが混ざって出てきた
ものが目やにです。

 

正常な目やにと異常がある目やに

 

少量の目やには、正常な代謝によるもので、
通常は、瞬きをすることで涙と一緒に鼻涙管を
通って鼻腔に流れますが、寝ている間などは、
瞬きをしないために寝起きなどは、目やにが
ついていたりします。

 

しかし、細菌感染やアレルギー反応、外傷など
炎症が起こると、涙の中に膿が混ざってきたり、
涙の量が増えてきます。

 

このような状態になると異常な目やに
いうことになります。

WS000007

目やにが出たら観察!

 

*目やにの色

赤茶っぽい赤褐色の目やにが少量付いている
場合は、正常な新陳代謝によるものが多いです。

 

白~黄緑色っぽい目やにの場合は、細菌感染
による炎症などが考えられます。

 

透明でサラサラした涙が多く出る場合は、外傷
やアレルギーによるものが多いです。

 

*目の状態

・目が赤く充血しているとき

まぶたが腫れているように見えるとき

ショボショボして開けにくそうなとき

痛がって閉じてしまうようなとき

白っぽく濁って見えるとき

眼球に傷があるとき

瞳孔の大きさが左右非対称のとき

 

このような状態が見られたら、放置すると
悪化して二次感染を引き起こすこともある
ので、早めに病院に連れて行きましょう。

WS000003

スポンサードリンク


お家での目やにケア

 

目やにはそのままにしておくと固まってしまう
ので、こまめに拭きとってあげましょう。

 

濡らしたコットンやガーゼ、綿棒などを使い
眼球に触れないように気をつけて拭いてあげます。

 

このときに、ウェットティッシュなど使用する
場合はペット用のものや、アルコールが入って
いないタイプものを使うようにしてください。

 

また、病気などが原因の目やにの場合も
こまめに拭いてあげることと、病気そのものの
治療(点眼液や飲み薬)が必要になります。

 

特に猫の場合は、目そのものの疾患だけで
なく、ウイルス疾患(猫カゼなど)によっても
目やにや涙などの症状が現れますので全身状態
の注意(ケア)も必要になってくることもあります。

WS000000

猫の目やに・涙で考えられる病気

 

猫の目やにや涙の症状は、目そのものの
異常の場合と、ウイルス疾患など呼吸器の
病気によるものが主に挙げられます。

 

<猫の結膜炎>

結膜炎とは、まぶたの裏側にある結膜が炎症を
起こす眼の病気です。

結膜炎にかかると、目やにが出て、
ひどい場合はまぶたが閉じて開かなくなることも
あります。

 

<猫の角膜炎>

角膜は、目の一番表面を覆う透明な膜のことです。

角膜炎は、ホコリなどによる角膜への物理的刺激
や、ウイルス、真菌、細菌などの感染が原因で
炎症を起こしてしまう病気です。

 

<猫の緑内障>

目の眼圧が高くなり、視覚障害を起こす病気です。

眼圧は、「眼房水」という分泌物の排出により
保たれていますが、この眼房水の量が何らかの
原因でうまく循環できなくなると目の中に水が
溜まってしまい、眼圧が上がってしまいます

 

<猫のぶどう膜炎>

ぶどう膜とは眼球の中の血液が通う部分、
瞳の周辺を中心にした組織
(虹彩、毛様体、脈絡膜)のことです。

何らかの原因で、これらの
ぶどう膜の一部、または全体に炎症が起きる
病気です。

 

<猫の白内障>

白内障とはカメラのレンズと同じ役割をする
目の水晶体が白濁することです。

白内障は進行すると視力が低下し、場合に
よっては眼球内で炎症(ぶどう膜炎など)を
併発し、続発性の緑内障へ進行することもあります。

 

<猫の流涙症>

猫の流涙症とは、目の表面を保護するための
涙の循環が上手くいかず、涙がまぶたの外に
こぼれ落ちてしまう状態のことです。
目の下の部分が常に湿った状態になるので毛の色が
変色したり、感染を起こして皮膚炎を引き起こして
しまったりもします。

 

<猫の眼瞼内反症>

猫の眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)
は、まぶたが内側に反り返って、目に入り
込んでしまっている状態です。

まぶたまぶたの毛が、中に入り込むことで、
目の表面に当たり、刺激になることで、
さまざまな症状が現れる病気です。

 

<猫のウイルス性鼻気管炎>

猫風邪と言われる、猫の代表的なウイルス疾患
一つが、ウイルス性鼻気管炎です。

ヘルペスウイルスの感染によって発症します。

 

<猫のカリシウイルス感染症>

猫カゼの一種でカリシウイルスの感染によって
発症する病気です。

非常にポピュラーな病気で、呼吸器に多く症状が
現れます。

cat-1216090_640

 

猫の目の疾患は、症状が悪化すると非常に
厄介なものが多いです。
最悪、失明の恐れもあります。

 

軽度の目やにや涙でも、長引く場合は、
病院で診察を受け、きちんと治療する
ようにしましょう。

 

スポンサードリンク







関連記事

  1. 猫がずっと鳴くのは病気?高齢猫に起こりやすい原因や対処法!
  2. 猫の皮膚のできものから膿や血が!原因や考えられる病気は?
  3. 猫の皮膚のシコリは80%はガン!悪性度の高い腫瘍と特徴は?
  4. 猫が水をよく飲む・飲みすぎると注意!原因や病気の可能性は?
  5. 猫の呼吸が浅い、早いときに考えられる原因や病気とは?
  6. 猫のよだれや口臭!猫の口内炎の原因や症状と治療や治療費は?
  7. 猫の目の周りが赤い!考えられる原因や病気の可能性は?
  8. 猫の事故や打撲,外傷などによる血尿の危険性と注意すること!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

にゃねっと無料会員登録

ねこタワー

犬と猫の救急箱

天然バイオ消臭剤「猫ピタ」

ねこのきもち

ねこのきもち

ペット保険一括見積もり

猫のニュース・エンタメ(海外)

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

猫の種類

PAGE TOP