猫の飼育について

猫の健康チェック!病気の早期発見ができるのは飼い主だけ!

愛猫の変化を見逃さない!

 
猫はしゃべれないのはもちろん、
体に不調があってもそれを隠そうとします。

 
これは、野生の名残りからです。
猫は群れを作らず、単独で狩りをして生活して
きました。

 

スポンサードリンク


自然界の中では、弱いものから襲われます。
自分の弱みを見せることは、天敵に狙われやすく
なるということなのです。

 

ですから猫は、本能から、具合が悪くても
痛くてもそれを隠して普通にふるまうのです。

 

そのため、飼い主さんが見てあきらかに異変
感じたときにはすでに病気はかなり進行している
ことが多く、治療の効果もあがらず、寿命を
縮めてしまうことにもなりかねません。

 

このようなことにならないためにも、動物病院
での定期的な健康診断はもちろん、おウチで
できる健康チェックで病気の早期発見に努める
ことが大事になってきます。

 

常日頃から、猫さんを見ていてあげられるのは
飼い主さんだけです。
愛猫を守ることができるのも飼い主さんです。

 

自宅でチェックできる、猫さんの健康管理を
まとめましたので、ぜひ気をつけて見てあげてくださいね。

WS000000

<食欲>

 

一番大事ですね。
猫の体も食べたものから作られています。
食事は健康のバロメーターです。

しかし、猫は本来、ムラ食いをする動物ですので
常日頃からのその猫さんの食欲(食べ方)をチェック
しておくことが大事です。

 

*食欲が落ちた・食事を残すようになった

*偏食になった・今まで食べていた食事を食べなくなった

 

<体の状態>

 

見て、触ってチェックしましょう。

 

*太ってきた

*食べているのに痩せてきた

*お腹が膨れている

*皮膚にしこりのようなものがある

*触ると痛がる場所がある

WS000000

スポンサードリンク


<行動や動き方>

 

遊ばせているときや、高いところへの
登り降り歩き方なども観察してみましょう。

 

*高いところに登らなくなった

*歩き方がぎこちない

*あまり動かなくなった

*寝ている時間が増えた

*なんとなく元気がない

*おもちゃで遊ばなくなった

 

<ウンチの状態>

 

健康な猫さんは、健康なウンチをします。

食事に変化もないのに、便の状態が変わってきた
ときなどは注意です。

また、猫には便秘も非常に多く、悪化すると重篤な
症状を引き起こします。

 

*下痢をする

*血が混ざっている

*粘液状のものが混ざる

*便が3日以上出ない

*おトイレで長い間きばっている

WS000001

<オシッコの状態>

 

猫は泌尿器(下部尿路疾患)の病気は宿命とも
言われるほど多いです。

実に半数近くの猫さんが、泌尿器疾患にかかった
ことがあると言われます。

また、尿石症など尿道閉塞を起こす可能性のある
病気の場合は、処置が遅れると命に関わってきます。

猫のオシッコのチェックは非常に重要です。

 

*オシッコ(トイレに行く)の回数が多い

*少ししか出てないようだ(まったく出ない)

*オシッコの色がおかしい(血尿や濁りなど)

*おトイレで長い間きばっている

*トイレ以外の場所で粗相するようになった

*オシッコの量が多い(薄くて大量)

 

スポンサードリンク


<飲水量>

 

猫に多い病気(腎不全糖尿病他)で、
一番分かりやすい初期症状として挙げられるのが
多飲多尿です。

猫がお水をたくさん飲むようになったら要注意です。

本来、猫はあまりお水を飲まない動物です。

*常に水のあるところに行っている

*水を飲む回数が増えた

*水を飲む量が増えた

WS000004

<吐く>

 

猫は、本来良く吐く動物です。

食事を食べ過ぎても吐きますし、お腹にたまった
毛玉を吐くこともあります。

大丈夫な吐き気とそうでない吐き気の見極めも
大事になってきます。

吐く回数・ペース・食欲・嘔吐物などの観察
重要です。

 

*頻繁に吐く(毎日)

*続けて何度も吐く

*胃液や粘膜だけを吐く

*嘔吐物の中に血液などが混ざる

*吐いたあとでグッタリしている

 

<目の状態>

 

猫は目の病気も多いです。

猫に多いウイルス疾患でも目の症状が出ること
が多くあります。

 

*目やにが出る

*涙が多い

*目をしょぼしょぼする

*結膜が赤い

*白目の部分が充血している

*目の表面や水晶体が白く濁っている

*目を痒がったりこすったりしている

WS000008

<耳の状態>

 

お外に出ない猫さんであれば、比較的耳の
病気は少ないですが、垂れ耳の猫アレルギー
持ちの猫などでは、異常が出ることもあります。

 

お外に出る猫さんは、寄生虫などの感染症に
注意が必要です。

 

*耳を痒がる・こすりつける

*しきりに頭をふる

*黒い汚れがでる

*耳の中が臭い

 

<口の状態>

 

猫はお口の中の病気も非常に多いです。

口内炎や歯周病など悪化すると食事ができなく
なりますので、早めの治療が大事です。

 

*ヨダレが出る

*口臭がひどい

*口が閉じれない

*食事が食べにくそう

*歯茎から出血している

WS000007

<被毛や皮膚の状態>

 

猫はキレイ好きなので、自分で毛を舐めて
グルーミングして清潔に保っています。

 

そのため、被毛の汚れやフケなどは、満足に
グルーミングができていない・もしくは何らかの
病気の可能性があります。

 

*皮膚に赤みがある

*皮膚を痒がる

*フケが増えて、毛ヅヤが悪い

*異常な脱毛やハゲがある

*黒い粉状のものが付いている(ノミ糞)

 

<その他>

 

*咳をする

*お尻を床にこすりつける

*鳴き声がおかしい

*過剰なグルーミング

*グルーミングをしなくなる

などが挙げられます。

 

上記に挙げた症状の中で一つでも当てはまる
ものがあれば注意が必要です。

 

何気ない変化でも気づいたら、気をつけて
観察するようにしましょう。

 

そして、早めに動物病院を受診しましょう!

 

愛猫さんにいつまでも元気で長生きしてもらう
ためには、病気の早期発見・早期治療が原則です!

 

そのためには日頃の健康チェックが欠かせません!

WS000002

スポンサードリンク







関連記事

  1. 子猫の成長!誕生~成猫になるまでの体の変化や育て方まで!
  2. 猫の首輪は危ない?首吊り状態の危険も!必要性と安全性は?
  3. 猫を飼うその前に!最後まで責任を持つ心構えと知っておく事!
  4. 猫の避妊手術の必要性とメリット・デメリット!手術法や費用!
  5. 猫ひっかき病の予防はノミの駆除が効果的!原因や症状と治療!
  6. 猫の病気で人間に移るのは?意外に多い人畜共通感染症とは!
  7. 猫の妊娠と出産!体や行動の変化と必要な検査や準備する事!
  8. 猫の飼育(飼う)に必要な部屋の広さやレイアウトと注意点!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

にゃねっと無料会員登録

ねこタワー

犬と猫の救急箱

天然バイオ消臭剤「猫ピタ」

ねこのきもち

ねこのきもち

ペット保険一括見積もり

猫のニュース・エンタメ(海外)

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

猫の種類

PAGE TOP