猫の飼育について

猫の様子がおかしい?こんなときは動物病院へ連れて行こう!

猫は病気になっても分かりにくい?

 

猫を飼っていると、いろいろと心配なことも
出てきますよね・・

 

ちょっとした異変でも、これは病気?
病院に連れて行ったほうがいいの?
なんて悩むことも多いですね。

スポンサードリンク


猫さんは、神経質なため、病院に連れて行くのも
大変ですし、余計ストレスになるのでは?と
躊躇することも多いと思います。

 

しかし、猫は犬よりも病気の症状が分かりにくい
傾向にあります。
これは野生の本能が残っているためで、猫は自分の
不調を隠そうとするからです。

 

群れを作らず単独で狩りをして生きてきた猫に
とっては、自分の弱みを見せることは、天敵に
狙われる危険性を孕むため、体調が悪くても
それを見せないようにふるまうのです。

 

この習性は、人間に飼われるようになった今でも
残っています。

 

また、猫は食事に関しても、もともとムラ食い
傾向があります。
そのため、猫は犬よりも、病気の早期発見に必要な
食欲や元気などの状態を確認しにくいのです。

 

ですから、あきらかにおかしい・・と飼い主さん
が気づいたときには、すでに病気が進行して
しまっていることが非常に多いのです。

WS000002

ホームドクターを作ろう

 

猫さんのちょっとした異変にもすぐ対応できる
ように、なんでも相談できるホームドクター
作っておきましょう。

 

なんとなくおかしい・・こんな感じなんだけど・・
連れて行ったほうがいいですか?
気軽に電話で聞けるようなホームドクターが
いれば安心ですよね。

 

状態によっては、もう少し様子見てみましょう・・
とか、他にこういった症状がないか注意して観察
してください・・などのアドバイスがもらえる
こともあります。

 

また、症状によっては、早めに連れてきてください!
となることもあるでしょう。

 

信頼できるホームドクターがいれば、悩んだり
心配することも少なくなりますよ!

スポンサードリンク


こんなときは病院へ

 

日常の猫さんの生活の中で、注意してみていれば、
あれ?っと気付くこともあると思います。

 

気をつけてチェックしてみて、こんな症状が
見られたら病院へ!

 

<食事の食べ方>

 

猫のムラ食いは、しょうがないことですが、
一日に食べた量はきちんとチェックしておきましょう。

 

これには、あらかじめ一日分のフードを小分けに
しておいて、そこから数回に分けて与えるように
すると残った分も分かりやすくていいですね。

 

また、猫は歯周病(歯肉炎や口内炎など)がとても
多くみられます。

口の中に炎症があると痛みでごはんが食べにくく
なります。食べられなくなることもあります。

 

口からフードをこぼしたり、噛まないで飲み込む、
食べる時に鳴き声をあげる、食べながら前足で口を
引っかく動作をする、ヨダレを垂らすなどの症状が見られます。

 

こんな時には、早めに動物病院で口の中を診てもらいましょう。

WS000004

スポンサードリンク


<トイレ(オシッコ・ウンチ)のチェック>

 

猫は泌尿器疾患(膀胱炎や尿石症など)が、
非常に多いです。
また、便秘にもなりやすいです。

 

さらに、腎不全や糖尿病などの症状に多飲多尿
挙げられます。

 

このような病気の早期発見のためにも、トイレの
チェックは非常に重要です。

 

オシッコやウンチの回数や量、色などを注意して
見るようにしましょう。

 

血尿や頻尿、また、ウンチが2日以上出ないような
ときは、動物病院に連れていきましょう。

WS000001

<鼻水やくしゃみなど呼吸器の症状>

猫では、いわゆる猫カゼと呼ばれる、ウイルス性の
病気が多いです。

 

ワクチンで、ある程度防げますが、感染率の高い
病気です。

 

くしゃみや鼻水の症状がみられたら、慢性化を
防ぐためにも、早めに動物病院で治療を受けること
が大事です。

 

また、咳なども猫の病気では危険を伴うものが
ありますので、すぐに診てもらいましょう。

WS000005

<皮膚の腫瘍などのチェック>

 

猫の皮膚にできる腫瘍は、さまざまな種類が
ありますが、その80%は悪性(がん)とされています。

 

そのため、手術でも腫瘍部分を含め、その周辺の
皮膚まで大きく切除する必要があるため、なるべく
腫瘍が小さいうちに見つけてあげることが大事です。

 

ブラッシングも兼ねて、普段から常に猫さんの
体を良く触り、チェックしておくことが大切です。

 

ほんの小さなできものでも発見したら、すぐに
診察を受けてください。

WS000000

<被毛・毛ヅヤのチェック>

 

猫は自分で体を舐めて、グルーミングをするので、
口腔内の状態も被毛で分かることがあります。

 

毛がパサパサしてツヤがなかったり、毛が唾液で
ベタついていて臭いがしたり、汚れているなどあれば
グルーミングをする元気がないか、口の中に何か
問題があったりということが考えられます。

 

気になる状態があれば、早めに受診しましょう。

WS000001

 

おウチでできる健康チェックと、動物病院を上手に
利用することで、病気の早期発見・早期治療
心がければ、愛猫さんもきっと長生きできますよ!

 

 

スポンサードリンク







関連記事

  1. 猫の飼い方!春夏秋冬~季節によって違いや注意することは?
  2. 保護猫の慣らし方は?夜鳴きや外に出たがる,なつかない時など!
  3. 猫が夏バテでぐったりしている時の対処法と注意すること!
  4. 猫の薬の飲ませ方は?錠剤や粉薬、液体など上手な投与方法!
  5. 猫の歯を削る方法や費用は?その効果や必要性、リスクとは?
  6. 猫に好かれたい!喜ぶポイントを抑えたコミュニケーション術!
  7. 癒しだけじゃない!高齢者が猫を飼育するメリットや効果とは?
  8. 猫の食事の適正量と肥満猫のダイエットのための食事管理法!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

にゃねっと無料会員登録

ねこタワー

犬と猫の救急箱

天然バイオ消臭剤「猫ピタ」

ねこのきもち

ねこのきもち

ペット保険一括見積もり

猫のニュース・エンタメ(海外)

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP