猫の飼育について

子猫を飼う!安全や健康に配慮した過ごしやすい環境作りを!

子猫の飼育環境で大切なこと!

 

猫さんを飼うときには、周りの環境に目を配ること
が大事です。

 

子猫の成長期に適した環境を作ってあげることは、
その後の私たちとの生活や、その猫さんの一生に
大きく影響してきます。

スポンサードリンク


人間の子供でも、成長期に受ける影響はその後の
人生に大きく関わってきますよね。
猫さんも同じです。

 

特に猫さんの場合は、私たち人間よりも寿命が短い
ため、私たちの5倍の速さで歳をとっていきます。
特に成長期にいたっては20倍の速さですね。

 

そんな短い期間をいかに、心身ともに健やかに
成長させることができるかが大事なのです!

 

では、子猫にとって、良い飼育環境とはどのような
ものなのでしょうか・・

 

<衛生的な環境>

 

子猫は、小さいうちはまだ、体力もなく、免疫力も
弱いです。

 

そんな時期に不衛生な環境で生活していると、
すぐに皮膚病や下痢などの病気になってしまうこと
もあります。

 

ですから生活環境を常に清潔にすることはもちろん
飼い主さんが常に掃除やケアのしやすい環境作りを
整えることが大事です。

 

子猫が長く過ごすベッドや毛布などの敷物、
食器やトイレなども常にきれいにすることを
心がけましょう。

WS000000

<危険のない環境>

 

子猫はとにかく、好奇心が旺盛です。
何にでも興味を持ち、飛びかかったり、噛み付いて
みたり、口に入れてみようとします。

 

また、びっくりするような行動をとって驚かせる
こともしばしばです。
まぁそこがかわいいところでもあるんですけどね。

 

しかし、万が一の事故などは未然に防がなくては
いけません。
そのため、危険なものは極力排除するよことが大事です。

 

・コンセントや電気コードなど感電の危険性のあるもの
はなるべく隠すような配慮をする。

 

・タバコの吸殻など、中毒性のあるものは、子猫の
生活環境には置かない。

 

・お風呂やトイレなどたまり水のある、溺れる可能性
のあるところいは行かせない。

 

・窓や扉など挟んだり落下したりする危険のある場所
には行かせない。
猫は抜群の身体能力を持っているため、自分で登ったり
できる範囲であれば、それほど危険ではないですが、
子猫のうちはある程度の注意が必要です。

 

などなど、おウチの中を、猫さん目線で考えて
チェックしておくことが重要です。

WS000002

スポンサードリンク


<健全な成長を促す>

 

子猫はあっという間にグングンと成長し、大きく
なっていきます。

 

そのため、成長に必要な栄養素がしっかりと
入った、バランスの取れた良質なキャットフード
を与える必要があります。

 

人間の体もそうですが、猫の体も食べたものから
作られます。
さまざまな子猫用のキャットフードが販売されて
いますが、実際に猫の体の健康のことを考えて
作られているフードはまだまだ少ないのが現状です。

 

安すぎるキャットフードは、粗悪な材料しか
使われていません。
中身のしっかりした良質なキャットフードは
価格もそれなりにします。

 

パッケージの謳い文句に騙されないようにしっかりと
吟味して選びましょう。

 

また、健全な成長にもう一つ大事なものは、
適度な運動です。

 

猫の場合は、上下運動が大事ですので、安全に登れる
ところやスペースを作ってあげましょう。
難しいようであれば、キャットタワーなどを購入する
のがいいですね。

WS000005

<社会性を身に付けさせる>

 

猫は、犬と違い、神経質でデリケートです。
そのため、慣れないものに対して過剰に反応
しすぎたり、恐怖や不安を感じることが多くあります。

 

しかし、子猫のうちからある程度いろいろなこと
経験させ、さまざまな環境に慣れさせておくと、
大人になってからも、神経質になりすぎず、
ストレスをあまり抱えることなく精神的な安定を
もたらすことができます。

 

いろいろな人と接したり、大きな音や声などに
慣れさせておくといいですね。
しかし、もともとの猫の性格もありますので、
あまり過剰に怖がるような場合などは、注意して
くださいね。

少しづつ、慣れさせる感じでやってみましょう。

WS000001

<過ごしやすい環境>

 

子猫のうちは体温調節機能がまだ未熟なため、
室内の温度管理や湿度管理はとても重要です。

 

季節にもよりますが、子猫が快適に過ごせる
温度は20℃~26℃くらい・湿度は40%~60%
くらいとされています。

 

猫さんは基本的に私たちの足元(床に近いところ)
にいることが多いですので、そこも少し配慮して
温度設定をしてあげる必要がありますね。

 

また、日光浴も大事です。
猫さんが自由に行き来できる、陽のあたる
心地よい場所を作っておいてあげましょう。

WS000004

<飼い主(家族)とのコミュニケーション>

 

子猫は、早くに母猫や兄弟猫と離されていることが
ほとんどです。

 

普通であれば、まだ母猫に甘え、兄弟猫と遊んで
過ごしている時期です。

 

ですから、なるべく独りぼっちにさせないで、
誰かが一緒にいてあげる時間を長く取るように
しましょう。

 

そして、常に飼い主や家族が見えるところに
子猫の生活環境を作ってあげることが大切です。

 

そうすることで、猫さんと家族とのが深まります。
家族の一員として迎え入れたからには、常に
家族の存在を感じさせてあげることが大事です。

WS000010

いかがでしたか?
子猫さんの飼育環境で大切なことをちゃんと
考えて実行すれば、猫さんは、すっと私たちの
生活に入ってきてくれます。

 

そうすれば、いつまでも仲良く楽しく健全に
家族に一員として暮らしていくことができるようになりますよ♪

 

15年近く、共に生活をしていく可愛い相棒です♪

お互いが幸せな良い関係を維持できるように、
ぜひ子猫のうちから飼育環境に気を配ってあげましょう!

 

スポンサードリンク







関連記事

  1. 猫の方が犬より飼育費用が安いというのはウソだった!?
  2. 猫ブームで心臓病患者が減少?猫好きは長生きするって本当?
  3. 猫が爪とぎする理由と壁やソファでさせないしつけの方法は?
  4. 老犬、老猫ホーム(生涯預かり)とは?システムや料金など!
  5. 猫の飼い方!共働きや一人暮らしの場合に注意することは?
  6. 猫の病気で人間に移るのは?意外に多い人畜共通感染症とは!
  7. 猫の多頭飼育の注意点!食事管理や病気を見逃さないために!
  8. 猫に好かれたい!喜ぶポイントを抑えたコミュニケーション術!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

にゃねっと無料会員登録

ねこタワー

犬と猫の救急箱

天然バイオ消臭剤「猫ピタ」

ペット保険一括見積もり

猫のニュース・エンタメ(海外)

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP