猫の体のしくみ

猫の目の不思議!暗闇で光る神秘の目は近眼で色の識別も苦手?

猫の目に見える世界

 

猫の目に私たちはどう見えているのでしょうか?
景色はどう映っているのでしょうか?
色は見えているの?

 

猫の吸い込まれそうに大きな目。
くりっくりのまぁるい目。
宝石?ガラス玉のようなキラキラの目。

スポンサードリンク


さぞ世の中が良く見えてそうな目ですよね。
また、すべてを見透かしたような態度から
してもとても視力が良さそう・・

 

猫は嗅覚も聴覚も優れているから当然、目も
すごいのよね~ なんて思われがちですが・・

 

実は猫はド近眼です。
猫の視界ではっきり見えるのは2m先まで。
それ以上はぼんやりとかすんで見えているのです。

私たち人間が30m~60m程先まで見えるのに
対して、猫は6mが限界とされています。

 

WS000000
出展:http://labaq.com/archives/51806891.html

建物の中:
上が人間に見える景色、下が猫に見える景色。

 

動体視力がスゴイ!

 

先に挙げたように、猫は視力は低いですが、
視野は広く、動体視力に優れています。

 

左右の視野角は人間の約180度に対して、
猫は約200度あるとされます。

 

そのため、動くものにはとても敏感で、素早い
獲物の動きを見逃しません。

 

これに、超音波まで聞き取れる抜群の聴力が
加わり、獲物を捕らえることができるのです。

cat-221919_640

スポンサードリンク


暗闇の王者

 

昼もグースカ寝て、夜も当たり前に飼い主と
一緒に寝る今の猫たちを見ていると、ついつい
忘れてしまいがちですが、猫は夜行性の動物です。

 

夜行性である猫の目は、暗いところでも、わずかな
光さえあれば見ることができます。

 

網膜の視細胞には、光を感じる「杆体(かんたい)
細胞」があります。
夜行性の猫は、この杆体細胞の数が人間よりずっと
多いのです。

 

さらに、夜間のわずかな光を増幅させる働きをする
「タペタム」と呼ばれる反射鏡が網膜の後ろにあります。

 

もちろん何の光もない真っ暗闇では、人間同様に
見えませんが、星明かりなどほんのわずかな光が
あれば、猫は見ることができます。

 

猫は人間の1/6程度の光量があれば、物を見る
ことができます。
そのため、暗闇でも狩りをするのに有利なのです。

 

暗闇で猫の目が光るのはこの「タペタム」で
光が反射されるからです。

WS000001
出展:http://labaq.com/archives/51806891.html

夜間の住宅街:
上が人間に見える景色、下が猫に見える景色。

スポンサードリンク


猫の瞳孔反射

 

また猫は瞳孔の大きさが変わることでも有名ですが、
これは周りの光の量の影響です。

 

暗い場所では、光を多く取り込むように瞳孔を
大きく見開き、明るい場所では光が入り過ぎない
ように、細く縮めて調節しています。

 

さらに、猫の瞳孔は光以外でも反応します。
緊張や恐怖を感じているとき、攻撃しようと
しているとき、満足しているときなど感情によって
瞳孔の大きさは変化します。

cat-520894_640

色の識別は苦手

 

とても万能な猫の目ですが、色の識別能力だけは
人間よりも劣っています。

 

いろいろな色彩を感じるのは感光色素を含んだ
錐状体(すいじょうたい)という視細胞ですが、
猫の目にはこの錐状体が少ししかないのです。

 

そのため、猫が識別できるのは「青」と「緑」
とその混合色であると考えられています。
人に見える「赤」はどうやら見えないとされています。

 

暗闇でもよく物が見えることは、夜行性で狩りを
する猫にとっては、非常に大切な能力です。

 

しかし、夜間に茶色や灰色など、保護色に覆われた
ネズミを見つけるには、色を見分ける能力は必要ありません。

 

それよりも、獲物の敏捷な「動き」に反応する
動体視力のほうが、断然、役に立つ必要なものなのです。

 

猫は一撃必殺で短期勝負の狩りをします。
このためにも色なんかより、動きを素早く察知
する能力が磨かれてきたようですね。

 
animal-17545_640

猫の目の色は変化する

 

猫の目の色は、成長に伴い変化していきます。

品種にもよりますが、一般的に子猫のときは
グレーや薄いブルーの色をしています。

 

成長するにつれ、それぞれの遺伝子によって、
金色や茶色・青や緑などに変化していきます。
猫の目の色にも、たくさんの種類があります。

 

cat-1094764_640

 

猫は近眼でも、何の問題もなく生活できて
いるんですね。

 

視力の悪さを補っても有り余る、他の
優れた感覚機能があるためですね。

 

すべては、単独で狩りをして生きてきた、
そのために備わった機能ということです。

 

あの小さな体に秘められたパワーは、
まさに最強だったわけです。

 

グータラ・ゴロゴロ寝てるところを見ていると
想像もつかない感じもしますけどね^^;

 

スポンサードリンク







関連記事

  1. 猫の歯の特徴!歯周病やトラブルが多い原因と予防法は?
  2. 猫の舌の秘密!ザラザラなのはなぜ?役割と仕組みや味覚まで!
  3. 猫の耳の聴覚が驚き!感情を表すこともできる万能耳の秘密!
  4. 猫の鼻のしくみや役割!湿っている理由や鼻の病気で多いのは?
  5. 猫はしっぽで感情を表す?猫の気持ちがすぐに分かる見分け方!
  6. 猫の驚異の身体能力を支える視覚や聴覚・嗅覚や触覚の秘密!
  7. 猫のヒゲの仕組みと驚くべき能力!幸運のお守りってほんと?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

にゃねっと無料会員登録

ねこタワー

犬と猫の救急箱

天然バイオ消臭剤「猫ピタ」

ねこのきもち

ねこのきもち

ペット保険一括見積もり

猫のニュース・エンタメ(海外)

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

猫の種類

PAGE TOP