猫のニュース・エンタメ(国内)

地域猫って?その活動と問題点や今後の課題について考える!

地域猫の活動って?

 

地域猫とは、特定の飼い主はおらず、
その地域に住む住人たちが共同で管理・世話
をしている猫のこと。

 

活動をされているそのほとんどは、
ボランティアの方々で、エサやりや糞の清掃、
繁殖を防ぐための避妊手術や去勢手術を行う。

 

スポンサードリンク


 

猫による住民のトラブルなどの解消になり、
不幸にも処分されてしまう猫を増やさない
ための取り組みです。

 

1997年に神奈川県横浜市磯子区の住民たちが
野良猫たちを共同でお世話し、野良猫を増やさない
ようにする取り組みが始まりで、その後全国に
地域猫運動・地域猫制度として普及した。

 

現在では自治体が補助金を出すなど支援体制も
少しずつ整ってきてはいるが、一方で住民の
理解が得られず対立したりなどの問題も山積みである。

WS000001

活動の問題点

 

活動の趣旨はとても立派なものであり、
不幸な猫をなくすためにも、猫好きなら
ぜひ賛同したいものです。

 

しかし、実際の活動成果はどうなのか?
そこが問題です。

 

捕まえて、避妊・去勢手術を行って・・
それで実際その地域の猫が減っているのかと
言うと、そうでもないようです。

 

場所によっては逆に増えているところも多い
ようですね。

 

これはなぜかと言うと、取りこぼしなく、
すべての猫に避妊・去勢を行うことはまず
不可能であると言うこと。

 

そこに行けばエサがもらえるため、他の地域の
野良猫たちもそこに流れてくるため。

 

結果、野良猫はちっとも減らない・・という
こともあるわけです。

 

ここで考えたいのは、活動をする人たち、
また、我々すべての人間は猫に対する認識が
甘いのではないか?ということです。

 

つまり、猫の生態・本能を理解できていない
のでは?

WS000004

スポンサードリンク


猫の繁殖能力

 

今や猫は人間社会で我々と共存して生きています。

特に家庭内で家族の一員として飼われている
猫さんなどは、その野生の本能を忘れてしまった
かのような、のほほんとした生活を送っています。

そして、野良猫と言われる外で生活している
猫たちもある意味人間と共存していると言えます。

 

ごはんをもらえるところに集まり、人間から
ごはんをもらって生きている猫も多いです。

 

しかし、だからと言って猫は本能をなくした
わけではないのです。

 

猫の繁殖能力はとても高いです。
そして生殖行為に対する欲求はとても強いです。
それは昔も今も変わりません。

 

猫は一度の出産で3~6匹の子猫を産みます。
そして一年に2~3回妊娠ができるので、
10匹以上の子猫を産むのが普通です。

 

例えばその地域に住む地域猫10匹の避妊手術
をしたとしても、取りこぼしが2匹いれば1年後
には20匹に増えていることになります。

 

また、生殖行為ができる相手を探して遠くに
まで行って交尾をしてきます。

 

仮にそこにいる猫が避妊・去勢済であったと
しても、他地域で交尾行動をして妊娠して
くれば意味のないものになってしまいます。

 

このようなことから考えても今の地域猫の
活動には何か足りない点を多く感じ、疑問視
してしまうのです。

 

せっかくの素晴らしい活動なのに、
もう少し良い成果の出る方法はないものか・・
っと言って具体的な案があるわけではないですが。

 

もちろん、まるっきり放置してしまっていたら
もっと何十倍、何百倍にも増えて、不幸な目に
会う猫さんも増加するでしょう。

 

その点、増殖を少しでも少なくできているのなら
それは喜ばしいことなのかもしれません。

 

しかし、そのへんの認識の甘さが、猫の頭数が
減らなかったり、他の住民に理解してもらえ
なかったり、反対される要因の一つにもなって
いるような気がします。

WS000000

今後の課題

 

また、地域猫の活動に対しては、さまざまな
トラブルもあり、活動に反対する住民が
虐待行為をしているなどの報告も多いです。

 

猫嫌いな人もたくさんいます。
それはそれでしょうがないことです。
そのような方にとっては、迷惑な行為なのでしょう。

 

本来、野良猫はとても用心深いものです。
不用意に人間に近寄りませんし、怖い思い
をしたところには行きません。

 

しかし、地域猫活動によって、人間たちがエサを
くれる環境に慣れてしまうと、人間に対する警戒心
も薄れ、不用意に人間に近づき、心無いヒトに
ひどい目に合わされてしまうこともあるように思います。

 

すべてをクリアにするのは不可能かも
しれませんが、少しでも活動の成果が良いもの
になるように、みんなが協力して考えて
いかなくてはいけないでしょう。

 

今後の課題は山積みですが、少しでも不幸な
猫さんが減っていく幸せな世の中になるよう、
期待します。

 

地域猫活動に参加されているボランティア
の方を始め、関係者の方々、猫を思うその
優しい気持ちと行動力に尊敬の念を抱いて
終わりにしたいと思います。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク







関連記事

  1. にゃんとっ!コップのフチ猫が脱力するほど可愛いにゃ~っ♪
  2. GWに大阪泉北タカシマヤで猫写真展開催!岩合光昭ねこ歩き!
  3. 猫イベント情報2016東京!グッズやフードに雑貨まで猫まみれ!
  4. 猫が爪とぎする理由と壁やソファでさせないしつけの方法は?
  5. イリオモテヤマネコ減少,絶滅危惧,保護の現状!家猫との違い!
  6. 猫の心の声を聞く一冊!もっと気持ちを通わせハッピーにニャる!
  7. にゃんにゃんパラダイスで癒しの猫まみれ!猫グッズ博物館も!
  8. 岩合光昭写真展~世界ネコ歩き~横浜の放送ライブラリーで開催!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

にゃねっと無料会員登録

ねこタワー

犬と猫の救急箱

天然バイオ消臭剤「猫ピタ」

ねこのきもち

ねこのきもち

ペット保険一括見積もり

猫のニュース・エンタメ(海外)

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

猫の種類

PAGE TOP