猫の病気

猫の慢性腎不全(4)治療費は?自宅でできる治療とは?

猫が慢性腎不全と診断されたら
治療費を安くできる方法がある?

 

猫が慢性腎不全と診断されたら・・
前編でも書きましたが、治療費はかなりの
負担となってきます。

 

しかもいつ終わるかも分からず、続く出費
に不安になる方も非常に多いのが現状です。

 

長く生きてほしい・・それは愛猫家さん達
の共通の願いだと思います。

 

スポンサードリンク


 

治療費の負担が重荷になり、またネコさんの
容態の変化にも不安になり、慢性腎不全を
患う愛猫の飼い主さんの辛さは相当なもの
があります。

 

金銭的に余裕があって、
いくらかかっても構わないから治療して!
なんて飼い主の方ばかりではないのが現状
ですしね。

 

自宅でできる治療って?

2304014073_0800d15b1b_m

猫の慢性腎不全については、
長くかかる治療や、治療費の負担をなるべく
抑えることもできるんです。

 

もちろんこれは、獣医師の許可がないとできません。

 

そしてそれをOKとしない獣医師
もいるので、そこは相談してですが。

また、OKが出ても、実際にそれができるか
というのは飼い主さん個人によって違うと
思います。

ですので、あくまでも参考までに・・

 

腎臓の数値がだんだん悪くなってきて、頻繁
な輸液が必要になってきた場合、その輸液を
自宅ですると言う方法です。

 

皮下補液であればコツをつかめばそんなに
難しくなくできます。

皮下補液とはまとまった輸液を一度に皮下
に注射することです。

 

猫は皮膚が良く伸びますよね。なので皮膚の
下に静脈点滴にして3~4時間分くらいの量
を一度に入れられるんです。

 

皮下に入れた輸液は時間と共に徐々に吸収
されていってオシッコとして排出されます。

 

量的には一度に100cc~200ccくらい。
体重や脱水状態によって変わります。

 

それを一日1~2回や1日おきなど、
獣医師の支持に従って自宅でやる感じです。

 

そうすれば、病院に通う頻度は少なくできる
ので、治療費用的にも抑えることができます
し、ネコさんの病院通いのストレスも減らせ
ます。

 

獣医師の許可が出れば、やり方を教わって、
輸液セットを準備してもらい
ましょう。

 

一度の輸液量や回数などはしっかりと
獣医師の支持に従いましょう。

 

そして定期的な検査には必ず受診すること

 

獣医師との信頼関係が大切です。

スポンサードリンク


 

失敗はしないの?
できるかしら?

cat-360807__180

スポンサードリンク


 

最初は怖いでしょうし、慣れるまでは、
輸液が漏れたりと失敗も多いでしょうが、
それによって、ネコさんの命にかかわる
ようなことはまずありません。

 

輸液を少し漏らしたりして一回量が少なく
なってしまっても、気にしないでいいです。
少なくてもそれなりの効果はありますしね。

 

大丈夫です。
回数を重ねるうちに上手になっていきます。

 

もちろん協力者は必要ですね。猫を動かない
ように押さえてたりしないとですから。
できれば2人いると楽かな。
最低でも1人は必要ですね。

 

よっぽど大人しい、お利口さんのネコさん
なら1人でもできるかも?ですが^^

自宅での輸液治療の料金は?

4506970902_96cd8ae739_m

この場合にかかる費用ですが
これはまさに獣医師の判断そのものでしょう。

 

おそらく、この措置をいくら!と決めてある
病院はほとんどないのでは?と思います。

 

やはり例外的な措置として、その時に応じて
決まるのではないでしょうか。

 

ただ必要なものと言えば、輸液バッグ
チューブです。 はっきり言って原価的には
全然高くありません。

 

ですからそこは、獣医師の度量といいますか
優しさといいますか・・^^;

 

でも基本的に自宅での輸液を認めてくれる
獣医師は良心的な価格で準備してくれる
のではないでしょうか・・

 

輸液バッグ一つで500cc。
補液にして約3~4回分。
チューブは2~3回は使ったとして1本。
針は都度交換。3~4本として。

 

う~ん・・
このセットで 3.000円~5.000円といった
ところでしょうか。

 

これくらいで出してくれれば良心的だと
私は思いますね。

 

良心的な獣医師が多いことを願います^^;

 

次回は、慢性腎不全(5)はいよいよ末期になって
きたときの自宅点滴やケアについて。

猫の慢性腎不全(1)・原因と症状は?食事や予防法はある?

猫の慢性腎不全(2)貧血の状態・寿命は?治療法は?

猫の慢性腎不全(3)治療や治療費はどれくらい?通院は?

猫の慢性腎不全(5)末期の症状や自宅でできる治療とは?

猫の慢性腎不全(まとめ)治療・闘病~最期まで・・私が思うこと

 

スポンサードリンク







関連記事

  1. 若い猫の慢性腎不全!考えられる原因や症状、治療法とは?
  2. (1)猫の乳腺腫瘍(乳がん)の症状は?悪性や転移の可能性は?
  3. 猫の口内炎の治療!ステロイドの効果や副作用について!
  4. 猫の悪性リンパ腫の治療!抗がん剤の種類や副作用について!
  5. 猫カゼの原因の一つ!クラミジア感染症の症状と治療や治療費は?
  6. 猫の角膜炎の原因や症状と治療,治療費は?瞬きや涙が多い!
  7. (2)猫の乳腺腫瘍(乳がん)の治療方法や手術にかかる費用は?
  8. 猫が慢性腎不全から回復することはある?治療や経過について!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

にゃねっと無料会員登録

ねこタワー

犬と猫の救急箱

天然バイオ消臭剤「猫ピタ」

ペット保険一括見積もり

猫のニュース・エンタメ(海外)

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP