猫のウイルスの病気

猫のパルボウイルス感染症(後編)の治療と治療費は?

猫パルボウイルスの治療は?

 

残念ながらパルボウイルス陽性
出てしまった場合・・
即治療
に入るわけですが

 

ここからがまた大変なんです
(ネコさんも病院も・・)

 

スポンサードリンク


 

状態にもよりますが、
特に子猫の場合は入院しての
点滴治療が必要
となることが
多いです。

 

パルボウイルスの場合、
食べても飲んでも
下痢や吐いて
しまうので、基本は絶食のまま、

点滴だけで栄養を補うカタチに
なります。

(すでに元気も食欲もまったく
ないのが普通ですが)

 

パルボウイルスをやっつける薬と
いうのは
ありません。

 

点滴とともに、抗ウイルス剤を
メインに、
抗生物質や炎症止め、
吐き気止めや下痢止めなど
の対
症療法で治療していきます。

 

ウイルスに負けないように、
猫の免疫力を
高め、体力を維持する。

 

あとは様子を見るほかないとも言えます。

 

ウイルスに打ち勝てる体力が
あれば、助かる確率はあがりますが
子猫の場合は圧倒的に不利となります。

 

目安として4~5日頑張れれば、
助かったと言えるでしょう。
完全に症状が治まるには
一週間以上はかかりますが。

 

一旦、回復してくればあとは
もう大丈夫です。

日に日に元気になっていきます。

 

残念ながら亡くなってしまう
場合は2~3日以内のことが多いです。

 

早いときは数時間のことも。
怖い病気です。

 

猫のパルボウイルス
かかる治療費は?

3074989870_1661cc1600_m
猫パルボウイルスの治療費は
子猫か成猫によっても変わって
きますがまずは子猫の入院治療の
場合です。

 

・初診料(もしくは診察・再診料)
500円~3.000円
*病院によって初診料が高額な
とこも(一般的には1.000~2.000ですが)

 

・検査料(通常・糞便検査)
2.000円~3.000円

 

・点滴料(一日あたり)
2.000円~3.000円

 

・注射(抗ウイルス剤)
1.500円~2.500円

 

・注射(抗生剤や下痢止めなど)
2.000円~4.000円

 

・入院費(一泊)
3.000円~5.000円
*パルボウイルスは隔離病室に
なるため、入院費も高めになる
ことが多いです。

 

ざっとこんな感じです。

 

入院治療で安くても一日1万円
近くはかかります。

 

これが入院日数分となるので、
費用負担も大変です。

 

回復が早く状態が良ければ、
早めに点滴が外れることもあります。

 

成猫の場合は状態によりますが、
通院で治療が可能な場合もあります。

もちろん毎日の通院が必要ですが。

 

治療内容の注射としては子猫の
入院治療の場合と同じです。
(体重が増えるぶん、少し注射代
などアップすると思われますが)

 

成猫の場合も状態が悪く、
入院となれば子猫同様、もしくは
それ以上の費用になります。

 

ただ、成猫の場合は体力が
あるぶん、子猫よりは回復が早い
ことが多いですので、治療期間
も短くて済む可能性も高いです。

 

スポンサードリンク


余談として・・

cat-1074729__180

スポンサードリンク


例えば拾ってきた子猫がパルボ
だった場合など、高い治療費が
かかるのは気の毒だなと思われた
とき・・

優しい(?)獣医師さんなどは、
治療費を安くしてくれることも
あります。

 

ただ、パルボウイルスの治療は
病院全体の消毒
が大変+院内感染
に神経を使
ため、治療費の減額
はあまり期待できないかも(?)です。

 

他の入院中のネコさんもたくさん
いますので。

 

通常は予防接種をしていない猫は
入院はさせない、預からない

ので、大丈夫なのですが、様々な
病気で弱っている(免疫力が落ち
ている)ネコさんもいますので、
万が一のことがあっては大変です。

 

絶対に感染しないとは言えませんので。

 

院内感染は絶対に防がなくては
いけません。
病院のプライドや信用にも関わる
問題ですし。

 

だからパルボウイルスの入院
(通院もそうです)の子がいる場合
は看護師やスタッフも最善の
注意を払って神経を使います。

 

基本的にパルボウイルスの世話
や管理をする
人間を1人決めて、
それ以外のスタッフは
一切近寄らない!

なんてこともフツーです。

 

専用のエプロンに毎回着替えて、
手袋して
と。

 

そして、お世話が終わる都度、
手はもちろん、体全体にも消毒液
吹きかけられます。

 

まるで、そのスタッフが伝染病の
ような扱いになります。

 

通院の場合でもそうです。
他のネコさんに会わせないように
診察時間外などに受診してもらう
ようにします。

 

そして、治療が終わった都度、
消毒液を持ったスタッフが
飼い主さんとネコさんの通った
道のりを玄関まで消毒して歩きます。

 

もちろん玄関の取っ手まで消毒です。

 

そのくらいまでして感染を防ぐ必要
のある伝染病です。

 

猫のパルボウイルスは感染力の
非常に強い
とても恐ろしい伝染病です。

ワクチン接種で防げます。
年に一回の予防接種を心がけてくださいね!

 

<関連記事>

猫のパルボウイルス感染症(前編)の原因と症状は?

 

スポンサードリンク







関連記事

  1. 猫の口腔がん!悪性黒色腫(メラノーマ)の原因や症状と治療法!
  2. 猫の心臓病・心筋症(前編)の検査方法や原因と症状について
  3. 猫の肥満細胞腫の治療や手術費用と術後、予後について!
  4. 猫の皮膚糸状菌症・真菌症の原因と症状、治療や費用は?
  5. 猫の誤飲について!プラスチックやアルミホイル,おもちゃなど!
  6. 猫の誤飲癖、異食症の原因や対処法と他に見られる異変とは?
  7. 猫の馬尾症候群の原因や症状,治療法は?進行すると完全麻痺に?
  8. 猫の巨大食道症(食堂拡張症)の原因や症状と治療法について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

にゃねっと無料会員登録

ねこタワー

犬と猫の救急箱

天然バイオ消臭剤「猫ピタ」

ペット保険一括見積もり

猫のニュース・エンタメ(海外)

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP